■11/20(月) 断酒1114日目 油断してるとてきめんに不調に。

■昨日までの疼痛の苦しみが、ウソのように引いている。

腰も膝も、痛みをほとんど感じず。

11時に家を出てリハビリの内科に行く際も、階段で痛てててと悩むことなし。

先生とも相談して、9回目となるはずだった神経ブロックの麻酔注射を空けることに。他のペインクリニックのサイトでも、4~5回でいったん様子を見ると書いてあったが、やはり毎週というのは、よほど痛みが続く場合以外は空けた方がいいのだろう。

リハビリは効かないので、クスリだけ処方してもらって引き上げる。

 

自転車を漕いでも膝は痛くならない。

少し離れた漢方取扱いの薬局で「リリカ」様f:id:blueseashell:20131116201248g:plainと、「麻杏薏甘湯」を受け取り、その先にある市民センターで有料ごみ袋の無料配布を受け、団地内の郵便局で弁護士さん宛ての書類を出して帰宅。

 

それにしても痛みがないと、脳細胞がきちんと働いてくれて、中断している原稿の先について勝手に考え始めてくれる。

けれどこんなに調子がいいのは数日しか持たないだろうし、「リリカ」様は昨夜で切れてしまったから、朝から飲んでいないから、今夜にもまた発作が出てしまう可能性もあるし……

だからいいプロットだのセリフだのを考えついても、ほとんど何もならない。

せめて調子の良い日が1週間続いてくれるといいのだが……

 

しかし治療室の施術といい、なんだか光明が見えて来たのも確か。

これは、完治までは長い時間がかかるだろうけど、調子が良い日、疼痛の発作が起こらない日が数日続くぐらいまで回復するのは、そんな先にはならないのではあるまいか。

麻酔注射の件といい、なんだか良い兆候のように思えるのだが……。

 

■好調だと思ったのはつかの間。浅はか。

というより、油断して朝のリリカを飲まなかったのだ。

f:id:blueseashell:20131116201248g:plain

すると寒さを感じ始めた3時半ごろから、なんだかイヤな予感が足に走る。

慌ててリリカを飲むが、時既に遅し。

発作はどんどんと強くなり、食欲もなにもすべて失せる。

記憶さえおかしくなって、治療院に行ったのが、昨日のことだったかもっと前のことだったか、昨日行ったには違いないのだが、なんとなく曖昧な雰囲気。

夜9時ごろ2錠目を飲むが、ダメ。

起こった発作を、かろうじてそこで押しとどめている感じ。

いったん出てしまった発作は、そう簡単には引っ込んでくれない。

あくまでリリカは「疼痛緩和薬」であって、頭痛や筋肉痛の際の鎮痛消炎剤とはまったく違うのだ。

 

というわけで今日はダウン。

とは言ってもまだ寝られそうにないが……

 

半日天下。