ええっ!! これが広瀬すずっ!?

あわわわ・・・・・・しばらく見ないうちに・・・・・・

昔から我が輩は主張していたのだが、ますますお姉さんの方が綺麗になったぞ・・・・・・

大腸内視鏡検査・・・・・・どんどん健康になっていくワタシ😓

2月9日金曜日、大腸内視鏡検査を受く。

結果、目立って成長したポリープなし。

娘の小学校最後の運動会を、離婚前に観たくて、2週間近く微熱が続くも病院には行かず、ただひたすら氷のように冷たいビールや焼酎で内臓を冷やしながら頑張っていた。

(近くのセブンイレブンに、毎朝のようにビールを仕入れに行くのでバイト君に顔を覚えられてしまい、なんとなく気まずくなって、わざわざ駅前までクルマを出し、スーパーで缶ビールおよび瓶ビールの大量仕入れをしていた――つまり昼間っから飲んでいたわけである。そうでもしないと微熱でいつの間にか全身汗びっしょりになっているのだ)

 

病院に行ったらその場で入院となるだろうと薄々わかっていたから、とにかく運動会が終わるまではと我慢していたのだが、案の定その日のうちに

「憩室炎」

なる病気で即刻入院。

 

東邦大学佐倉病院というのは、僕が通学していた駒場東邦中学・高校と同じ系列の病院なのだが、緊急入り口近くにあるベッドの上に横にならされ、

(いいから体の炎症を鎮める薬だけでも飲ませてくれないかなあ。間違いなく楽になるのに)

と思っていたら、黙って聞いてりゃ内科の先生ばかりが寄り集まって、ごにょごにょと相談を始めた挙げ句、

「これからすぐに盲腸の手術に入ります」

と言われ、なんだ、原因は単なる盲腸だったのねと、なんだかかと思っていたら、外科の先生たちが研修終了とやらでどやどやと戻ってきて、僕を触診してまもなく、

「ああ、たぶん憩室炎ね。検査してからじゃないとはっきりとはわからないけど。手術? 点滴打って胃と腸とを絶食状態にし、炎症がおさまるのを待つだけだから。切るわけないじゃん」

お前、いくら医者だからって、俺は東京は池尻にある東邦大学病院付属駒場東邦中学・高校の先輩だかんな。

なんだ先輩に向かってその口の利き方は。

それとも文科系の先輩など、先輩とは思えないってえのか町医者のボンボンどもなどとベッドに横にされたまま憤然としていたら、その前にもっと重要なことがあったことにようやく気がついた。

(いやいや、まずそんなことより前に、外科が全員出払ってるってどういうことよ・・・・・・じゃあ、手術に慣れていないのは間違いない内科の医者が、もし外科医不在のまま盲腸切り取ってたらどう責任とったんだよ!)

どう考えたって誤診だろ・・・・・・

もし後日憩室炎だと判明しても、盲腸もかなり炎症が進んでいて、切除しなければ早期の治療は困難であったとかなんとか、手術を正当化するんだろうな・・・・・・と恐ろしくもなったことを思い出していた。

あれからもう11年・・・・・・

 

年に1度ぐらい泊まりで遊びに来てくれていた娘は、いまや一浪して大学3年生。

就職は秋葉原に本社のあるところに決まったらしいが、誰も教えてくれないので、なんという会社かわからない。

「家族全員が浪人に反対してる」

と電話で助けを求めてきた娘に、僕はなけなしの70万円を引き出して、私塾の春期講座やその往復電車賃、中央線の中で食べるパン代、代々木ゼミナールの前期に3科目だったか、あとは夏期講習にいくつか。

さらには足りないけれども、1校3万円と考えて合計9万円を受験料として現金で送り・・・・・・そこで金が尽きたので、代々木ゼミナールの後期授業料は頭を下げて弟に出してもらい・・・・・・挙げ句、大学受験日の初日に大雪が降って、その天気がしばらく続きそうだというので、これは受験当日千葉からたどり着くにはリスクが大きいだろうとアパホテルを2カ所2泊予約してやり(しかも禁煙ルームを交渉して空けてもらうという気の遣いよう(T_T)。

そのうちにだんだん自分の食費まで足りなくなってきて、米と卵、ときどき肉で栄養素を摂りながら暮らしていたのだが、そんなことはどこかに忘れてきてしまったらしく、10年目となる去年、秋葉原に本社のあるという会社に勤めたらしいのだが、これは

元のお義父さん(なんて呼べばいいんだろう)から電話で聞いたこと。

元妻はもちろんのこと、娘からさえ一切の連絡はない。

どうやら本気で親子の縁を切るつもりのようだ。

 

そして先週の結果となるのであるが、去年はだいぶ大きなポリープがいくつも発見されれていたので、今年はさらにポリープが成長していることは間違いなく、検査と同時におこなわれる「胃・大腸ポリペクトミー」という、ポリープの根元にワイヤーを引っかけるようにしてぎゅっと絞ってからレーザーで焼き切る手術は当然おこなわれることは覚悟しており、問題はその後の生検で良性か悪性かの問題だな・・・・・・思っていたのだが。

肝硬変という大病を患って以来およそ5年、そろそろがん細胞のひとつやふたつ見つかっていてもおかしくない時期だと覚悟はしている。

今の自分の年齢を考えると、良い方向に転んで行ってくれたとしても、70歳前半でこの世とロンググッバイだろう、もし悪い方向に転がったら、父と同じように、肝臓がんが進行し続けて死ぬ亡くなるというのではなく、ぼーんと予期せぬところ――たとえば肺だとか膵臓だとかに突然がん細胞が飛び火してしまい、70歳に達することなくあの世行きってこともあるんだなと覚悟していたのだが・・・・・・

結果、主治医のお爺ちゃん先生、

「しかし君は良く寝る男だなあ。検査中、たかだか安定剤の点滴であそこまでぐっすり寝られる患者さんはなかなかおらん」

と妙な感心をしてから、

「ポリープは無かったよ」

と、中国人もびっくりの股間開きパンツ一枚で、ケツの穴出したままイビキかいて寝ていたらしい僕に宣告してくださった。

「なんだかどんどんよくなってる気が・・・・・・」

「君って不思議な患者だなあ」

先生はなんだかちょっと憮然としておられたが、まあいい。

 

また生き延びた(らしい)。

「銀座小紀行」連載(^◇^;)中止のお知らせ。

ちょいと体調崩して日記を書けずにいたら、なんだか急速に銀座の話がつまらないものに思えて来て、なんだかとても書く気にならない。失せた。

 

その後、銀座では昔通り、美人ホステスには一人として会えなかったこと。

その代わり、ラフな洋服を着た若い子の、携帯姿はよく目撃され、これでは六本木や赤坂のキャバクラと変わらないじゃないかと驚いたこと。

 

大型バスに乗った中国人の数の多さに圧倒され、ここは北京の王府井か? というぐらいの状態になっていたということ。しかも中国人の中でもたぶん上の中間層といった感じだった。

薬の爆買いは下火となったが、こうして銀座を訪れて洋服などを買っていく落ち着いた、ごく普通の日本の中流家庭と変わらないような雰囲気を持った家族連れやカップルがメインに見えた。

かつて日本がそうであったように、まずはノーキョーが皮切りになって海外に突っ込んで行き、さんざん荒らし回って現地の人々の眉をひそめさせるようになってから、ようやく安全を確かめた日本の家族連れが出かけていったのと同じ事ではないだろうか。

 

特筆すべきは、二軒目に言った雑居ビル5階のバーで、大谷幸三先生と何十年かぶりにお会いできたこと。

ロマンスグレーの、いかにも若い女性にはモテモテって感じの印象だった。

先生、また漫画の原作を始めたのだが、これまでの人生で最も売れた本となりつつあるらしい。

発売4日で増刷がかかるなんて、とても考えられなかったとおっしゃっていた。

やっぱりなんだかインドの匂いがした^_^;。

 

銀座小紀行(1)

昨日。

1年ぶりだか2年ぶりだか或いはもっと以前だったか、東京に出た。

久しぶりに乗る東海道本線の、その長距離が怖くて、なんだか全身の神経が張り詰めて、上野駅で電車を降りたときには、すでに全身疲労。

乗り換えて日暮里。

西日暮里には僕がゴーストをやった有名な皮膚科の先生がいて何十回も通ったが、日暮里は2度めだったか3度目だったか、ほとんど記憶にない駅。

どうにもアーチスト系の学生が多いなと思ったら、そうか。近くに東京芸術大学の音楽科があるのだ。

しかし彼らを別とすれば、日暮里はやはり日暮里。

ちりちりのパーマにアイロンをかけて、金縁の眼鏡に縦縞の入った妙に派手な上着をつっかけて歩いて行くさまなど、やはり昔から変わっていない。

駅前のパチンコ屋や喫茶店はほとんど在日韓国人経営で、奥のラブホもまず間違いなし。

しかし町並みが変わったのか、東口南口方面にほとんど記憶はない。

そこで、待ち合わせの改札口を間違えた僕のせいで、予定より40分も遅れて、元の会社の先輩とようやく合流。

どうしてこういう日に限って、スマホが壊れたり水没するんだろう・・・・・・不思議でならない。

鳴りもしないスマホなんて、年間を通して無用の機械に過ぎないのに、だ。

 

ともかくも、天王寺の墓地にあるお世話になったスタイリストの方の墓参りを果たし、数年もの懸案事項にけじめをつける。

目頭が熱くなる。

僕の20代最後にあたって、グラビアの撮影のなんたるかを叩き込んでくれた人なのだ。

まさに走馬灯のように・・・・・・伊豆の下田からバリ島まで出かけて起きたさまざまな事件が昨日のことのように思い出される。

本来は食事会のみの話だったのが、なんだか精進落とし。

銀座の和食の店に6時半だったのだが、まだ時間があったので、有楽町から松坂屋のあたりをぶらぶらして、先輩に東京案内をしてもらった。

だいたい松坂屋からして、無いぢゃないか!

祖父に連れられていった食堂街が、数万円もするフランス料理の店だとかもう別世界。まあこんなところで食べるのは日本人の田舎者か中国人のお金持ちだけだろうけど。

ソニービルが変わったのはニュースで知っていたが、実物を見て驚いたし、大型バスで乗り付ける中国人観光客の多さに開いた口がふさがらず。

なんだよ、俺が知ってるのは、不二家ビルに、丸源ビルに・・・・・・なんだかホッとするぞ、戦後の焼け跡闇市から立ち直ってゆく過程で林立していった当時のパワーの源泉よ。

銀座シックスだかウルトラセブンだかエイトマンだか知らないが、頑張れ不二家のホットケーキ。

ああ、もうお上りさんたぁ俺のことだぜてやんでえ、の心境。

まあ、20年も時間があれば、変わるか、このぐらい。

町は発展を続け、老兵は消え去るのみ。歴史的証人にすらなり得ず。

(続く)

 

戯言

なんだってんだい、こちとら江戸っ子でえ。

わっちの才能はこんなもんじゃないはず。

 

「なあんて強がり言ってばかりいるんでね。あたしゃちょいとお小言を言ってやったんだよ」

「なんて言ったんでげす?」

「Netflixやめろってさ」

「大家さん、そりゃあ殺生だ。スケの野郎、女房に逆離縁を食らった後、女には捨てられるわ彼女いない歴10年になるわじゃ、さすがに引きこもりになっちまう。

しかも煙草も30年以上も前にやめたと思ったら、こんどは酒量が増えちまって、挙げ句の果ては肝臓がいかれちまった。

今じゃあ楽しみと言えば、甘いもん喰いながらNetflixでホラーかSFかアクションなんかを見るぐらい。

Netflixぐらい許してやっておくんなせえよ」

「いや、スケの野郎、素直にNetflixやめたから、小言を言ったこっちが面食らっちまったのさ。あの男、まだ捨てたもんじゃないな」

「そうですかい・・・・・・あれだけ楽しみにしていたNetflixをねえ・・・・・・」

そこへ棒手振りの矢の字がやってきて、頼まれた鱸の刺身を桶の蓋の裏をまな板がわりに器用に刺身にこしらえながら、

「なんですかい。スケさんのお話ですかい? 今さっき行ってきたばかりですよ」

「へえ。それでどうだったい。手持ち無沙汰にゃしてなかったかい? あるいは落ち込んでなかったか、どうも気になってな」

家主の心配顔に向かって、矢の字が言うことには、

「いたって元気でしたぜ? なんでも昨夜、WOWOWに加入したとかなんとか、サッカー見ながら胡桃饅頭を頬張っていやしたよ?」

「あの野郎・・・・・・」

家主はすくっと立ち上がって、

「こうなったら俺もURに見込まれた男、店賃きっちり取り立ててやる」

「え、店賃払ってねえんで?」

「ああ。1ヵ月分、払いがねえ」

(実話)