ãĒんだかæ—ĨæœŦåĨŗ子バãƒŦãƒŧがつぞらãĒく感じãĻīŊĨīŊĨīŊĨīŊĨīŊĨīŊĨ

昨æ—ĨからåĨŗ子バãƒŦãƒŧをčĻ‹ãĻいたぎだが、あぞりãĢもわくわく感ãĢæŦ ã‘る感じがしãĻ、NETFLIXでã‚ĒãƒĒジナãƒĢ映į”ģをčĻ‹ãĻいた。

僕がもãŖとč‹ĨかãŖた頃、あんãĒãĢ手ãĢæą—æĄãŖãĻåŋœæ´ã—ãĻいたぎãĢãĒã‚“ã§ã ã‚ã†ã¨ä¸æ€č­°ãĢ思う。

もしかすると、新しい゚ポãƒŧツがäē’いãĢįĢļäē‰ã‚’しãĻ、或いはæ—ĨæœŦäēēぎčļŖå‘ŗ嗜åĨŊが変わãŖãĻã€čˆˆåĨŽã™ã‚‹ã‚šãƒãƒŧツも変わãŖãĻしぞãŖたぎかもįŸĨれãĒい。

 

昔は陸上įĢļ技というぎは、マナã‚ŊãƒŗäģĨ外はãģとんおæŗ¨į›Žã‚‚されず、100ãƒĄãƒŧトãƒĢįĢļčĩ°ã ãŖãĻおこかで、

(おうせæ—ĨæœŦäēēが勝ãĻるわけãĒいんだろ?)

と、ざãŖとįĩæžœãžã§čĻ‹ãĻは、柔道だとか重量挙げだとか、äģ–ぎ゚ポãƒŧツãĢé–ĸåŋƒãŒį§ģãŖãĻしぞãŖãĻいたようãĒ気がする。

 

ところがそぎ陸上įĢļ技、いつからこんãĒことãĢãĒãŖãĻいたぎか、äŋ„į„ļéĸį™ŊくãĒãŖãĻいるではãĒいか。

昔は100ãƒĄãƒŧトãƒĢįĢļčĩ°ã¨ãƒžãƒŠã‚ŊãƒŗだけčĻ‹ã‚Œã°č‰¯ã—で、400ãƒĄãƒŧトãƒĢだぎ200ãƒĄãƒŧトãƒĢだぎãģとんおé–ĸåŋƒãŒãĒかãŖたが、äģŠã§ã¯ãŠãŽįĢļ技をčĻ‹ãĻもéĸį™Ŋい。

é¸æ‰‹ãŽåą¤ãŒåŽšããĒãŖãŸã“ã¨ãŒã„ãĄã°ã‚“å¤§ãã„ãŽã ã‚ã†ãŒã€ã˜ã‚ƒã‚ã„ã¤ãŽé–“ãĢこんãĒãĢé¸æ‰‹ãŒč‚˛ãŖãĻãŸã‚“ã ã‹ä¸æ€č­°ã§ãĒらãĒい。

 

ã‚ã¨ã¯ã€ã‚šã‚ąãƒœãƒŧとかã‚ĩãƒŧフã‚Ŗãƒŗ、ボãƒĢダãƒĒãƒŗグ、ã‚ĢヌãƒŧãĒãŠãŽæ–°čˆˆãŽã‚šãƒãƒŧツがわãŖã¨čŠąé–‹ã„ãŸæ„ŸãŒã‚ãŖãĻ、゚ポãƒŧツをčĻ‹ã‚‹į›ŽãŒæ‹Ąæ•Ŗし、それぞれぎåĨŊãŋぎ゚ポãƒŧツ、というぎが数そろãŖたこともあるだろう。

昔、夏はæĩˇã€å†Ŧぱキãƒŧと、æ—ĨæœŦäēēぎ大半が大į§ģ動をしãĻいた時äģŖがいつぎ間ãĢかįĩ‚わãŖãĻしぞい、゚キãƒŧ場は閑古éŗĨ、įšŽč†šãŒã‚“ãŒč¨€ã‚ã‚Œå§‹ã‚ãŸåŊąéŸŋもあãŖãĻ、æĩˇã§č‚Œã‚’į„ŧくãĒんãĻことはåĨŊきãĒäēēだけやãŖãĻという感じで、æ—ĨæœŦäēēそれぞれがåĨŊãŋを選ずる時äģŖãĢはいãŖãŸã¨ã„ã†ã“ã¨ã‚‚č¨€ãˆã‚‹ã ã‚ã†ã€‚

これは、įĩŒæ¸ˆä¸€æĩãƒģæ”ŋæ˛ģ三æĩã¨ã‹č¨€ã‚ã‚ŒãĻいた時äģŖぎįĩŒæ¸ˆãŽæŠæĩが、少しずつį¤žäŧšãĢæˇąãåēƒãæĩ¸é€ã—ãĻいãŖたことが最大ぎčĻå› ã ã‚ã†ã€‚

つぞりは、゚ポãƒŧツもéŖŸãšį‰Šã‚‚æ—…čĄŒå…ˆã‚‚ã€ã„ã‚ã„ã‚ãĒチョイ゚ぎできるとãĻã‚‚č´…æ˛ĸãĒ時äģŖãĢãĒãŖたということである。

ã„ã‚„ã€č´…æ˛ĸではあるけれおも、æ—ĨæœŦぎ場合はすでãĢįŸ­ã„成į†ŸæœŸã‚’įĩŒãĻ、すでãĢ老åĸƒãŽåŸŸãĢå…ĨりつつあるがīŊĨīŊĨīŊĨīŊĨīŊĨīŊĨ

こぎぞぞヨãƒŧãƒ­ãƒƒãƒ‘ãŽå…ˆé€˛å„å›ŊぎようãĢčŊãĄį€ã„たå›ŊäŊœã‚Šã¸ã¨ã‚Ŋフトナãƒŗデã‚ŖãƒŗグができãĒければ、ぞた元ぎ木é˜ŋåŧĨで、がらがらとæ€Ĩ斜éĸをčģĸげčŊãĄãĻ行ãŖãĻしぞい、æŦ§įąŗãĢčŋŊいつけčŋŊいčļŠã›ã¨åŋ…æ­ģだãŖた時äģŖãĢ逆æˆģり、ãĒんãĻことだãŖãĻあるかもįŸĨれãĒい。

 

すでãĢ老äēēぎ数はį•°å¸¸ãĒãģお多く(åƒ•ã‚‚ã‚‚ã†ãĄã‚‡ã„ã§ã‚Ŧナクã‚ŋだ)、土地ぎ値æŽĩは銀åē§ãĒおぎ商æĨ­åœ°åŸŸäģĨ外はおんおんとčŊãĄãĻいく一斚だし(ã‚‚ãĄã‚ã‚“äēēåŖ減でč‹Ĩč€…ãŒã„ãĒくãĒãŖたīŧ†ä¸€äēēãŖå­ã€ã˛ã¨ã‚Šå¨˜ãŽįĩåŠšã§ã€ä¸ĄåŽļãŽã”ä¸ĄčĻĒぎåŽļãŒãŠãĄã‚‰ã‹ä¸€čģ’すãŖかりįŠēいãĻしぞうということ、éĢ˜ã„ロãƒŧãƒŗã‚’æŠąãˆãĻ一į”ŸåŒã˜äŧšį¤žã§å‹¤ã‚ãĻいくãĒんãĻč€ƒãˆã‚‰ã‚ŒãĒい時äģŖãĢãĒãŖãĻきた、不透明ãĒ時äģŖãĢはčŗƒč˛¸ã§ã„つでもį§ģ動可čƒŊãĒįŠļ態ãĢしãĻおいた斚がãƒĒ゚クが少ãĒã„ã¨ã„ã†æ„č­˜ãĢ変わãŖãĻきたč‹Ĩč€…ãŸãĄãĒお、čĻį´ ã¯ã„ろいろとからぞりあãŖãĻいる)、äģŠãģおæĩå‹•įš„ãĒ時äģŖというぎはめãŖたãĢãĒいことではãĒいだろうか。

æ­´å˛ã‚’æŒ¯ã‚Ščŋ”ãŖãĻãŋãĻã‚‚ã€å¤§æąäēœæˆĻäē‰(とå‘ŧんであげたい。æˆĻæ­ģしたäģŠãŽč€äēēãŸãĄãŽįˆļčĻĒ世äģŖã€Šã˛ã„ãŠįˆēãĄã‚ƒã‚“ã€ã˛ã„ã˛ã„ãŠįˆēãĄã‚ƒã‚“â”€â”€ã‚ĢナムãƒŧチョじゃãĒいぞ──ãŖãĻことãĢãĒるんだよãĒīŊĨīŊĨīŊĨīŊĨīŊĨīŊĨ僕ãĢとãŖãĻはãĩつうãĢおįˆēãĄã‚ƒã‚“(įĨ–įˆļ)だãŖたんだけお》というぎはåˆĨとしãĻ、こぎæˆĻäē‰ã¯æ­ŖしいとäŋĄã˜ãĻæ­ģんでいãŖãŸãŠã˜ã„ãĄã‚ƒã‚“ãŸãĄã‚’å°Šé‡ã—ãĻã‚ã’ãŸã„æ°—æŒãĄã‹ã‚‰ã€‚å¤§æąäēœæˆĻäē‰ã¨æ­Ŗしくå‘ŧずīŧã€€ã¨ã„うおこかぎåŗįŋŧではありぞせん)

とか、įĩåą€ã¯ããŽåŧ•ãé‡‘とãĒãŖた明æ˛ģįļ­æ–°ã§ã‚るとか(明æ˛ģįļ­æ–°ã¯æ­ŖしくãĻ、昭和ぎčģéƒ¨ã¯ãŸãžãŸãžå‡ēæĨãĻしぞãŖたéŦŧ胎(きたい。こぎ字をäŊŋãŖãĻたかãĒあīŊĨīŊĨīŊĨīŊĨīŊĨīŊĨéŦŧを孕んだという意å‘ŗでäŊŋãŖãĻいたんだけお)であãŖãĻ、あれはį‰šåˆĨãĒ存在であãŖãĻ、明æ˛ģįļ­æ–°ã‚’įŠĸすことãĢã¯ãĄãŖともãĒりぞせんãŋたいãĒã€‚ãã‚Œã˜ã‚ƒč¨€ã„č¨ŗじゃんとしãĻ、僕が司éĻŦéŧå¤Ē郎ãĢéĻ–をかしげる唯一ぎこと)

とか、åžŗåˇãŒå¤Šä¸‹ã‚’į˛ãŖた時とか、夊æ­Ļ夊įš‡ãŒå¤Šæ™ē夊įš‡ãĢ逆らãŖãĻ大友ぎįš‡å­ã‚’åŧ‘しäģ–åĨ‰ãŖた時とか(わけわかんねãƒŧよ)、そうした時äģŖぎ大変靊期ãĢ、僕らはį”ŸããĻいるぎかもįŸĨれãĒい。į›Žæ’ƒã—ãĻいるぎかもįŸĨれãĒい。

 

大変靊がčĩˇã“る前というぎは、選択č‚ĸというぎがåˆļ限ãĒくįžã‚Œã‚‹ã€‚

ã¨ã„ã†ã‚ˆã‚Šã€ä¸–ãŽä¸­ãŒæˇˇæ˛Œã¨ã—ãĻきãĻ、それぞではã‚ŋブãƒŧとされãĻきたことを選択しãĻもåšŗ気ãĢãĒãŖたということãĒぎかもįŸĨれãĒいが。

 

そうした場合ãĢ恐いぎは、そぎäēēそれぞれぎ選択ぎäģ•æ–šãĢよãŖãĻ、場合ãĢよãŖãĻはæŦĄãŽæ™‚äģŖで上æĩéšŽį´šãžã§į™ģれるかもįŸĨれãĒいが、選択をčĒ¤ã‚Œã°åĨˆčŊぎåē•ã¨ã„う地į„と一į›´įˇšãŽé¸æŠžãŽč‡Ēį”ąã€‚

č¨€ã‚ã°ã„ãĸわるãĒįĨžæ§˜ãŒã°ã‚‰ãžã„た撒き餌ぎようãĒもぎ。

 

比čŧƒįš„新しきは、バブãƒĢå´ŠåŖŠæœŸã‚’čĻ‹ã‚Œã°ã‚ˆãã‚ã‹ã‚‹ã€‚

åŊ“時äŊ•ä¸‡å††ã‚‚äŊ•åä¸‡å††ã‚‚するドãƒŗãƒģペãƒĒニヨãƒŗをč‡Ē分ぎįĩåŠšåŧãŽåŧ•ãå‡ēį‰Šã¨ã—ãĻ数į™žäēēãĢばらぞいたり、čļ…éĢ˜åą¤ãƒ“ãƒĢãĢäŊã‚“で下į•Œã‚’įĨį¨ã—たり、äŧŠčą†ã ãŽčģŊäē•æ˛ĸだぎãĢčļ…éĢ˜į´šãĒåˆĨč˜ã‚’åģēãĻたり、ãĒんだかäģŠãŽãƒ’ãƒĢã‚ē族をåŊˇåŊŋã¨ã•ã›ã‚‹é›°å›˛æ°—ãŒã‚ã‚‹ã€‚

(æ­´å˛ã¯įš°ã‚Ščŋ”すではãĒいが、ヒãƒĢã‚ē族はいずれ全éĸįš„ãĢãƒ€ãƒĄãĢãĒる時äģŖがæĨると思う。それはé›Ŗしいį†åąˆã¯ã“ねずとも、単į´”ãĢå¤§åœ°éœ‡ã§æąäēŦがやられãĻ、čžēり一éĸįĢぎæĩˇã¨ãĒり、čļ…éĢ˜åą¤ãƒ“ãƒĢãĢäŊã‚€äēēé–“ãŸãĄã¯č’¸ã—į„ŧきãĢãĒãŖãĻæ­ģãŦã¨ã‹é˜˛įŊぎ専門åŽļが恐ろしいį™ēč¨€ã‚’ã—ãĻいたけお、そうやãŖ全æģ…ã—ãĄã‚ƒã†ã¨ã‹ã­ã€‚ãã†ã„ã†å ´åˆã‚‚åĢめãĻだけお、čļ…éĢ˜åą¤ãƒ“ãƒĢãĢäŊã‚€ã“とãĢしたぎもぞ、č‡Ē分が選択したということãĢ変わりはãĒい。同じčŗƒč˛¸ã§ã‚‚、郊外ぎåšŗåą‹ã‚’é¸ã‚“ã ã‹ã‚‰ã“ãã€åŽļæ—å…¨å“ĄãŒåŠŠã‹ãŖたãĒんãĻことがあるかもįŸĨれãĒい。それらもぞた、選択ぎč‡Ēį”ąãĒぎだが、ãĩだんå‡ēæĨãĒいとあきらめãĻã„ãŸã“ã¨ãŒã€æˇˇæ˛Œã¨ã—ãŸæ™‚äģŖãĢãĒると、選択č‚ĸãŽã˛ã¨ã¤ã¨ã—ãĻ、æ€ĨãĢæĩŽã‹ãŗ上がãŖãĻくるということもあり垗るぎだ。

åąæŠŸæ„Ÿã‚’æŠąã„ãŸãƒ’ãƒĢã‚ē族がãŋんãĒおんおん逃げå‡ēã—ãĄã‚ƒãŖãĻ、čŗƒč˛¸æ–™ãŒã‚Ŧクãƒŗと厉くãĒãŖたりとか、とãĢかくäŊ•ãŒčĩˇãã‚‹ã‹åˆ†ã‹ã‚‰ãĒい時äģŖがいずれč¨Ēれる)

 

さãĻぞたもやお垗意ぎåĻ„æƒŗã§čŠąãŒãƒãƒŗバãƒŗéŖ›ã‚“でいãŖãĻしぞãŖãŸãŒã€č¨€ã„ãŸã‹ãŖたことは、゚ポãƒŧツãĢã‚‚æˇˇæ˛Œã¨ã—ãŸįĢļäē‰ãŽæ™‚äģŖがč¨ĒれãĻいãĻ、äģĨ前だãŖたらčĻ‹å‘きもされãĒかãŖた゚ポãƒŧツãĢį…§æ˜ŽãŒåŊ“たãŖãĻいるということãĒぎかもįŸĨれãĒい。

そぎ中で、åĨŗ子バãƒŦãƒŧというぎは、įĸē原ãĢč˛ ã‘įĩ„ãĢå…ĨãŖãĻしぞãŖたぎではãĒいか。

ãĄã‚‡ãŖと前ぎ陸上įĢļ技や、テニ゚ぎ大é˜ĒãĒおãŋ選手を、åŽļãĢいãĒがらãĢしãĻåŖ°ã‚’上げãĒがらåŋœæ´ã—たäēēé–“ãŸãĄã¯ã€ã‚‚ã†į–˛ã‚ŒãĄã‚ƒãŖたぎかも。

äģŠã•ã‚‰åĨŗ子バãƒŦãƒŧを前ãĢしãĻã€å†ˇå‡ãˆã ãžã‚ã‚’č§Ŗ凍しãĻキãƒŗキãƒŗãĢå†ˇãˆãŸãƒ“ãƒŧãƒĢとã‚ŗãƒŗãƒ“ãƒ‹ã§č˛ˇãŖãĻきたおつぞãŋを万全ぎ構えでį”¨æ„ã—ãĻ、50イãƒŗチもあるようãĒプナã‚ēマテãƒŦビぎ前でé™Ŗ取るãĒんãĻ、ãĒんだか時äģŖãĢそぐわãĒくãĒãŖãĻしぞãŖた気がする。

 

あぎブロ野įƒã§ã™ã‚‰ã€čĻŗåŽĸぎ最äŊŽã§ã‚‚半分はã‚ĩッã‚ĢãƒŧãĢ持ãŖãĻčĄŒã‹ã‚ŒãĻしぞãŖたぎだ。

åĨŗ子バãƒŦãƒŧãĢ興åĨŽã—ãĒいäēēį¨ŽãŒåĸ—えãĻã‚‚ä¸æ€č­°ã§ã‚‚ãĒんでもãĒã„ã—ã€ãã‚ŒãŠã“ã‚ã‹å‹ãĄįĩ„であるã‚ĩッã‚Ģãƒŧだぎã‚ĩãƒŧフã‚Ŗãƒŗã ãŽã‚šã‚ąãƒœãƒŧだぎといãŖた゚ポãƒŧãƒ„ãŽæ–°čˆˆå‹ĸ力だãŖãĻ、あとīŧ•åš´īŧ‘īŧåš´ã—たら、e゚ポãƒŧツãĢæģ…ãŧã•ã‚ŒãĄã‚ƒãŖãĻる可čƒŊ性だãŖãĻåĻ厚はできãĒいぎだから。

 

ああ、大é˜ĒãĒおãŋãĄã‚ƒã‚“ãŽã€ã‚ãŽäŊ“æ ŧã‚„éĄ”ã¤ãã‹ã‚‰ã¯æƒŗ像もつかãĒいようãĒ、åĨŗぎ子į‰šæœ‰ãŽå„ĒしさãĢæē€ãĄãŸåŖ°ã‚’ã€ã„ã¤ãžã§ã‚‚čžã„ãĻいたい(^◇^;)。

ママさんじゃãĒくãĻね。

 

 

やãŖãąã‚Šå¤§å‚(大é˜Ē)ã¯ãƒ€ãƒĄã ãĒあīŊĨīŊĨīŊĨīŊĨīŊĨīŊĨ

įŠ¯äēēがį„Ąäē‹æ•ãžãŖãĻã€č‰¯ã‹ãŖた。

暴力ãĢč¨´ãˆãĻぎįŠ¯įŊĒ行į‚ēもあãŖたようだから、もしかしたらčĒ°ã‹ãŽåŽļãĢæŠŧしå…ĨãŖãĻ、åŽļäēēをäēēčŗĒãĢしãĻæŊœäŧã—ãĻたらīŊĨīŊĨīŊĨīŊĨīŊĨīŊĨと最æ‚Ēã“ã¨ã‚’č€ƒãˆãĻいたから。

åš´č€ã„ãŸæ¯čĻĒとそぎ娘だãŖたら、éŖŸæ–™ã‚’č˛ˇã„ãĢčĄŒã‹ã›ãĻも、娘はãĒãĢもå‡ēæĨãĒかãŖただろうし、たとえį”ˇčĻĒでも、åšŧい我が子をäēēčŗĒãĢされãĻã„ãŸã‚‰ã€ãžãšã¯č¨€ã†ã“ã¨ã‚’čžã‹ã–ã‚‹ã‚’åž—ãšã€č­Ļ察ãĢč¨´ãˆã‚‹ã“ã¨ã¯å‡ēæĨãĒかãŖただろうからだ。

(ただしåšŧい子ぎ場合ãĢは、äŋč‚˛åœ’ãĒりåšŧį¨šåœ’ぎäŋæ¯ã•ã‚“が、é›ģčŠąã—ãĻãŋたけおおうもおかしいと思い始めたかもįŸĨれãĒいが)

僕もč‡Ē分ぎ息子や娘が3æ­ŗ4æ­ŗぎころを思いå‡ēしãĻãŋると、č­Ļ察ãĢé€ŖįĩĄã™ã‚‹ãĒんãĻå‡ēæĨãĒかãŖたかもįŸĨれãĒい。

唯一できるとしたら、上ぎ子ãĢしãŖã‹ã‚Šã¨č¨€ã„čžã‹ã›ãŸä¸Šã§ã€æŦĄįŦŦãĢæ˛šæ–­ã—ãĻくるįŠ¯äēēぎ隙をãŋãĻ子おもをぞず逃がし、もしįŠ¯äēēが気がついたら、子おもぎ垌をčŋŊおうとしãĻもįĩ„ãŋäŧã›ãĻでもそれをé˜ģæ­ĸし、あるいは垌æ—Ĩぎ意čļŖčŋ”しを恐れãĻ、わざと包丁でåˆēしæŽēしãĻしぞãŖたかもįŸĨれãĒい。

そういうįŠļæŗã§ã¯ã€č­Ļ察はあるãĻいお、

(åˆēしæŽēすåŋ…čĻãžã§ãĒかãŖたんじゃãĒいぎか?)

とį–‘ãŖたとしãĻも、それを大ãŖぴらãĢすることはぞずį„Ąã„であろうし、č¨ŧ拠がãĒいんだから

「å¤ĸ中で取ãŖįĩ„ãŋ合ãŖãĻã„ã‚‹ã†ãĄãĢ、įŠ¯äēēãŒåŒ…ä¸ã‚’æŒãĄã ã—ãŸãŽã§ã€ãã‚ŒãĢしがãŋついãĻã„ã‚‹ã†ãĄãĢ気がついたらåˆēしæŽēしãĻいた」

とįˆļčĻĒがä¸ģåŧĩã—ãŸã‚‰ã€ãŸã¨ãˆčƒŒåžŒã‹ã‚‰ãŽä¸æ„æ‰“ãĄã§ã‚ãŖたとしãĻも、同情ãĢよるおį›Žã“ãŧしというぎはあるだろうから。

 

ã„ã‚„ã€čŠąãŒéŖ›ã‚“だ。すでãĢåĻ„æƒŗãĢå…ĨãŖãĻいた。

そぎぐらい、僕はč‡Ē分ぎæŦ˛æœ›ãŽãŸã‚ã ãŖたらäģ–äēēぎį”Ÿå‘Ŋã‚’åąã†ãã™ã‚‹ã“ã¨ã‚’ã„ã¨ã‚ãĒいäēē間というぎが憎くãĻしかたãĒい。

 

それãĢしãĻも、最垌ぞでå‡ēãĻæĨãĒかãŖたãĒ。

富į”°æž—įŊ˛é•ˇã€‚

įŠ¯äēēはæŠŧしčžŧãŋをしãĒいで、č‡ĒåŠ›ã§ãƒã‚¤ã‚¯ãŽã˛ãŖたくりをしたり゚ãƒŧパãƒŧで万åŧ•ãã‚’したりで逃čĩ°ã‚’įļšã‘ã‚‹čĻšæ‚ŸãŒã‚ãŖた(īŧŸ)。

あãŖãąã‚Œã€ã¨ã¯č¨€ãˆãĒいけれお、äģ–äēēを刃į‰Šã§č„…しãĻīŊĨīŊĨīŊĨīŊĨīŊĨīŊĨã¨ã„ã†ã¨ã“ã‚ãžã§ã¯č¸ãŋ切らãĒかãŖた。

 

įĩåą€ã„ãĄã°ã‚“å‘æ€¯ã ãŖたぎは、įŠ¯äēēã‚ˆã‚Šã‚‚ã€č¨˜č€…äŧščĻ‹ã‚’部下ãĢぞかせたįŊ˛é•ˇã ãŖただろう。

äģ˛é–“ã†ãĄã§ã¯ã€ã‚‚ã†æœŦæĨぎ姓名ではå‘ŧばれãĒいぎではãĒいか。

「富į”°æž—įŊ˛é•ˇã€ãã‚ŒãĢしãĻも5嚴前ですか、とんだばやし(芹)でしたねえ」

と部下ãĢ陰åŖを刊かれるがよろしい。

ãƒãƒƒãƒˆã§ã¯åąąå†…å¯›ã¨åå‰ãŒį‰šåŽšã•ã‚ŒãĻã„ã‚‹ã‚ˆã†ã ãŒã€ã„ã‚„ã„ã‚„ã€č˛´æ–šãŽåå‰ã¯å¯Œį”°æž—įŊ˛é•ˇã¨ã„うぎがぴãŖたりだ。

(ネットだからįĸē原性はãĒいしäŋĄæ†‘性もį–‘ãŖãĻかからãĒければãĒらãĒいが、ずãŖとčĻ‹ãĻいたところでもč­Ļ察ãĢよる反čĢ–ã‚‚ãĒかãŖたぎで、もうčĒ¤é­”化しようぎãĒいäē‹åŽŸã ã¨æ€ã‚ã‚Œã‚‹)

 

ã—ã‹ã—å¤§æąäēœæˆĻäē‰ã§ãŽå¤§é˜ĒぎįŦŦ4å¸Ģå›ŖãŒé§åą¯ã—ãĻいるところをį‹™ãŖãĻ、å…Ģčˇ¯čģ(毛æ˛ĸæąčģ/中å›Ŋå…ąį”Ŗ党čģ)がį‹™ã„æ’ƒãĄã‚’ã‹ã‘ãĻきãĻ全æģ…あるいは撤退ãĒんãĻことがよくあãŖãĻ、äģ–ぎ地斚ぎå¸Ģå›Ŗからバã‚ĢãĢされãĻいたらしいが(įĩæˆã•ã‚ŒãŸåŊ“初から、äģ–å¸Ģå›ŖãĢ元䞍が多かãŖたぎとは違い、商äēēが多かãŖãŸã¨ã„ã†ã€ãã‚Œã˜ã‚ƒãƒ€ãƒĄã˜ã‚ƒã‚“įš„存在だãŖたらしい)、å…Ģčˇ¯čģ(ã¨ã„ã†č¨€ã„æ–šã‚’ã™ã‚‹ã¨ã€ä¸­å›Ŋå…ąį”Ŗ党はもぎすãŖごくåĢŒãŒã‚‹ã¨ã„ã†čŠąã‚’ã€åƒ•ãŒč–Ģé™ļを受けた加čŗ€å‰į”°åŽļぎčŖ”(すえ)であるå¸Ģã‹ã‚‰čžã„ãŸã“ã¨ãŒã‚ã‚‹ãŒã€ãĒぜåĢŒãŒã‚‹ãŽã‹ãŽį†į”ąã¯ã‚ˆãčžã„ãĻãĒかãŖãŸã‚‰ã—ãã€č¨˜æ†ļがãĒい。

恐らくはå…Ģčˇ¯čģãŽæˆĻい斚が、äžŋčĄŖéšŠã¨č¨€ãŖãĻ、一čˆŦ市民ãĢ化けたり、åĨĒãŖたæ—ĨæœŦčģãŽåˆļ服をį€ãĻã‚˛ãƒĒナæˆĻをæˆĻうという、æ­ŖčĻčģãĢはあるぞじきæˆĻい斚だãŖたことをæĨじãĻいるぎかもįŸĨれãĒい。

あるいはåĢŒãŒã‚‹ãŽã¯č’‹äģ‹įŸŗだけではãĒく地斚ぎčģé–Ĩぎ配下だãŖた中å›ŊäēēãŸãĄã§ã€äģŠã§ã‚‚å…ąį”Ŗ党が大åĢŒã„ãĒ中å›Ŋäēēが、同じ中å›ŊäēēではあãŖãĻも、å…Ģčˇ¯čģã¨ã„ã†č¨€č‘‰ã‚’čžã„ãŸã ã‘ã§įœ‰ã‚’ã˛ãã‚ã‚‹ã¨ã„ã†ã“ã¨ãĒぎかもįŸĨれãĒいが。

 

ãĄãĒãŋãĢ中å›ŊčĒžãĢå ĒčƒŊだãŖたå¸Ģが、æˆĻ友とãĩたりで中å›Ŋäēēぎ村ãĢåĩ察ãĢå…ĨãŖた時、道ばたで商åŖ˛ã‚’ã‚„ãŖãĻいたéĨ…é ­åą‹ã‹ã‚‰č˛ˇãŖたéĨ…é ­ã‚’éŖŸãšãŸã¨ã“ã‚ã€ããŽã†ãĄãŽã˛ã¨ã¤ãĢ毒がį››ã‚‰ã‚ŒãĻいたらしく、æˆĻ友はåŖã‹ã‚‰čĄ€ã‚’åãã€ãģおãĒく息をåŧ•ãå–ãŖたそうで、先į”Ÿã¯

「2つãĢ1つ。違う斚をéŖŸãšãĻいたら、こうしãĻ僕が○○君(僕ぎこと)とå‡ēäŧšã†ã“ともãĒかãŖたんだね」

と冗čĢ‡ã‚’言ãŖãĻįŦ‘ãŖãĻおられたが、そぎ先į”ŸãŒã€æąåŒ—ぎå¸Ģå›Ŗはおこもį˛˜ã‚Šåŧˇã„部隊が多く、ここをæ­ģåŽˆã›ã‚ˆã¨č¨€ã‚ã‚ŒãŸã‚‰ã€ãã‚Œã“ãæœ€åžŒãŽä¸€å…ĩãĢãĒろうとも動かãĒかãŖãŸãã†ã ã—ã€ä¸€æ–šäšåˇžãŽå¸Ģå›Ŗは勇įŒ›ã§ã€æŠŸéŠƒæŽƒå°„でæˆĻ友がバã‚ŋバã‚ŋと倒れãĻいこうがおかぞいãĒく、æ•ĩé™Ŗ地ãĢéŖ›ãŗčžŧんでいãŖãĻæ—ĨæœŦåˆ€ã§ä¸€åˆ€ä¸Ąæ–­ã—ãĻé™Ŗ地をåĨĒうãĒんãĻこともįã—くãĒかãŖたそうだ。

「į›¸æ‰‹ãŒéŠƒã ã‘じゃãĒくãĻ抟é–ĸ銃ぞで掃射しãĻくるところãĢ、抜刀しãĻ駆けčžŧã‚“ã§čĄŒãŖãĄã‚ƒã†ã‚“ã ã‹ã‚‰ã­ã€‚å‚ãŖãŸã­ã€äšåˇžãŽäēē間ãĢは」

ãĒお、そぎäģ–北陸ぎå¸Ģå›Ŗ、北æĩˇé“ãŽåą¯į”°å…ĩãŸãĄãŒé›†įĩã—たå¸Ģå›Ŗ、四å›Ŋぎå¸Ģå›Ŗ、åēƒåŗļã‚„å˛ĄåąąãŽå¸Ģå›ŖãĒおそれぞれぎį‰šč‰˛ã‚’揚げãĻč¤’ã‚ãĻおられたが、大é˜Ēだけは、

「ãĒãĢしろæ•ĩãĢ「もうかりぞãŖか」ãŖãĻčžããĢ言ãŖãĄã‚ƒã†ã‚“ã˜ã‚ƒã‚ã€ãŠã†ã—ã‚ˆã†ã‚‚ãĒいね」

と冗čĢ‡ã‚’言ãŖãĻおられたが。すずãĻはもう僕がぞだ中å­ĻãƒģéĢ˜æ Ąį”Ÿã ãŖãŸã“ã‚ãŽå¤§æ˜”ãŽčŠą)

 

しかしそれが冗čĢ‡ã ã¨ã¯æ€ãˆãĒいãģお、大é˜Ēåēœč­ĻãĢは不įĨĨäē‹ãŒå¤šã„。

やãŖãąã‚ŠįŠ¯äēēãĢ

「もうかりぞãŖか」

ã¨æ€ã‚ãščžã„ãĻしぞうぎだろうか。

į‹ŦčēĢį”ˇæ€§čĢ¸å›ãŒã“ãŽä¸–ã§ã„ãĄã°ã‚“ä¸åš¸ãĢãĒらãĒいためãĢ①   「įĩåŠšã—ãĻはいけãĒい。」

もし中éĢ˜åš´ãĢãĒãŖãĻからåŋƒįŠã‚„かãĢ過ごしたかãŖたら、įĩåŠšã—ãĒいこと。

とãĢかくそれãĢå°Ŋきる。

 

į”ˇæ€§ãŽå¤šããŒã€č‹Ĩã„ã†ãĄã¯ãã‚Œã˜ã‚ƒå¯‚ã—ã„ã¨ãŠã“ã‹æ¯čĻĒåŊšã‚’選んでįĩåŠšã™ã‚‹ã“とが多いけれおも、そぎ際、

「åĨŗは中éĢ˜åš´ãĢãĒãŖたら、ぞるですれãŖからしぎようãĢãĒるįĸēįŽ‡ãŒéžå¸¸ãĢéĢ˜ã„」

,ということをčĻšãˆãĻおいた斚がいい。

可愛さやæĨじらいãĒお垎åĄĩも感じられãŦ、これでも同じäēē間かという感じãĒぎだ。

 

こぎ劇įš„ã¨ã‚‚č¨€ãˆã‚‹å¤‰åŒ–ã¯ã€į”ˇãĢはあり垗ãĒい。

į”ˇã¯å¤§äēēしくįŠã‚„かãĒ斚向ãĢ変わãŖãĻいくが(つぞり枯れãĻいくということ)、åĨŗはぞるãŖきり逆だとčĻšãˆãĻおいた斚がいい(枯れる間際ãĢį‹‚ã„å’˛ã)。

 

įĸēかãĢ子おもがいãĒいという寂しさはあるけれおも、æŦ˛ã—くãĻもį”Ÿãžã‚ŒãĒかãŖたとか、あるいは性æ ŧが合わずãĢいつぎ間ãĢかį–Žé ãĢãĒãŖãĻしぞãŖたりとか、そうしたåĸƒé‡ãĢいるį”ˇæ€§ãĒお、įã—くもãĒんともãĒいぎだから、垐々ãĢあきらめãĻいãŖãŸæ–šãŒč‰¯ã„ã€‚

(åˇąãŽæ‚Šãŋは克服できるが、åĨŗæˆŋというį”Ÿãį‰Šã ã‘は克服できãĒい)

 

č…Ģれį‰ŠãĢč§ĻるようãĢしãĻåĨŗæˆŋとおおおおį”Ÿæ´ģしãĻいく上ãĢ、ろくãĢčŋ”äē‹ã‚‚しãĒいようãĒぞるでäģ–äēēぎごとき子おもãĒãŠčƒŒč˛ ãŖたら、æ­ģã‚“ã æ–šãŒãƒžã‚ˇã¨ã•ãˆæ€ãˆãĻくる。

(æœŦåŊ“ãĢたぞたぞį´ į›´ã§čĻĒ思いぎå„Ēしい子おもãĢ育ãŖãŸã‚‰č‚˛ãŖãŸã§ã€ã“ã‚“ãŠã¯čĄŒãæœĢがåŋƒé…ã§ãŸãžã‚‰ãĒいというį…Šæ‚ŠãĢč‹Ļしめられる)

 

「外éĸåŒ–čŠč–Šå†…éĸåĻ‚夜叉」

 

č¯åŽŗįĩŒãĢčŧ‰ãŖãĻã„ã‚‹č¨€č‘‰ã ã¨čžããŒã€åšŗ厉時äģŖからすでãĢåĨŗãĢé–ĸしãĻそんãĒã“ã¨ãŒč¨€ã‚ã‚ŒãĻã„ãŸã¨č¨€ã†ãŽã ã‹ã‚‰ã€ã“ã‚Œã¯ã‚‚ã†é–“é•ã„ãŒãĒいだろう。

 

晊嚴をæĨŊしくį”ŸããŸã„ぎãĒら、とãĢかくįĩåŠšã—ãĒいこと。

それãĢå°Ŋきる。

 

 

 

 

 

 

不吉ãĒäēˆæ„Ÿã€‚

äģ•äē‹ã‚’しãĒがらãĩと思いついたことだが、大é˜Ē富į”°æž—įŊ˛ã‹ã‚‰é€ƒã’å‡ēした樋į”°æˇŗ䚟厚į–‘č€…ã€‚

īŧ’é€ąé–“ãŸãŖãĻもつかぞらãĒいとãĒると、įŠēきåŽļãĢæŊœäŧã—ãĻいるわけじゃãĒく、お嚴寄りやåĨŗ子å­Ļį”ŸãĒお、力ぎåŧąã„äēē間しかäŊã‚“でいãĒいåŽļãĢæŠŧしå…ĨãŖãĻ、åŽļäēēをäēēčŗĒãĢとりãĒがらéŖŸäē‹ãŽč˛ˇã„į‰Šã‚’させãĒがら、æŠŧしčžŧãŋåŧˇį›—åŒ–ã—ãĄã‚ƒãŖãĻんじゃãĒいぎ? ということ。

 

しかしč­Ļ察åēé•ˇåŽ˜ãžã§č¨˜č€…äŧščĻ‹ãĢå‡ēãĻきãĻčŦįŊĒしãĻいるãĢもかかわらず、åŊ“ぎ富į”°æž—įŊ˛ãŽįŊ˛é•ˇãŖãĻå‡ēãĻきãĻãĒいよãĒ、たãļん。

こぎįŊ˛é•ˇãŒã€ãŠã†ã‚„ãŖãĻįœŒč­Ļやč­Ļ察åēãĢå ąå‘Šã—ã‚ˆã†ã‹ã€ãĒおとčŋˇãŖãĻīŧ‘īŧæ™‚間だãŖたかé€ŖįĩĄã—ãĒかãŖた原因でしょう。

だとしたら、įœŸãŖ先ãĢčŦã‚‹ãšãã¯ã€įŊ˛ãŽåˆ‘äē‹éƒ¨é•ˇã ãŽãĒんだぎじゃãĒくãĻ、įŊ˛é•ˇč‡Ēらå‡ēãĻくるずきãĒんじゃãĒいぎかと。

åŊ“初からそう思ãŖãĻたけお、もしかするとč­Ļ察åēé•ˇåŽ˜ãŽæ€’ã‚ŠãŒæ˛¸é¨°ã—ãĻ、

「お前はå‡ēãĻくるãĒ、こぎåŊšįĢ‹ãŸãšã‚!」

ãĻãĒåŧˇã„åąč˛Ŧを受けãĻčŦšæ…Žã—ãĻるんじゃãĒいぎ?

それだけč­Ļ察ぎ中æžĸ部ぎ怒りはすさぞじいとīŊĨīŊĨīŊĨīŊĨīŊĨīŊĨ

 

前䞋がįļšã„ãĻたから、įžŽåŽšæ•´åŊĸãĒんãĻできãĒã„ã ã‚ã†ã—ã€é˜˛įŠ¯ã‚ĢãƒĄãƒŠãŽæ€§čƒŊã‚„č¨­įŊŽįŽ‡æ‰€ãŽåĸ—加は過åŽģぎ逃čĩ°äē‹äģļ時ãĢæ¯”ãšã‚Œã°é›˛æŗĨãŽåˇŽã ã‚ã†ã—ã€‚

æŠŧしå…Ĩりåŧˇį›—化しãĻいãĒã„ã“ã¨ã‚’éĄ˜ã†ã°ã‹ã‚Šã ãĒあīŊĨīŊĨīŊĨīŊĨīŊĨīŊĨ

ようやくäēēį‰Šį›¸é–ĸå›ŗぞでįĩ‚わãŖたけおīŊĨīŊĨīŊĨīŊĨīŊĨīŊĨ

é•ˇã‹ãŖた。

 

大ざãŖãąãĢč€ƒãˆãĻあãŖた時äģŖčƒŒæ™¯ã¨ã€æ­´å˛įš„äē‹åŽŸã¨ã‚’įĩ„ãŋ合わせ、そこãĢä¸ģäēēå…ŦäģĨ下ぎæžļįŠēぎäēēį‰Šã‚’åŊ“ãĻはめãĻã„ãã€å‚ã‚‰ãŽåš´čĄ¨ã‚’ãĢらãŋãĒがら、æ‘ēり合わせをįš°ã‚Ščŋ”す。

ã“ã“ãžã§ãŒã„ãĄã°ã‚“æ™‚é–“ãŒã‹ã‹ã‚‹ã€‚

 

すずãĻをæžļįŠēぎį‰ŠčĒžã§æ¸ˆãžã›ã‚‹ãĒらナクãĒãŽã ãŒã€čŠąãĢ重ãŋを持たせるためãĢは、そぎ時ぎ時äģŖčƒŒæ™¯ãŒåŋ…čĻã¨ãĒãŖãĻくるぎだ。

将čģã€‚ããŽæ™‚ãŽå¤§č€ã€č€ä¸­ã€å´į”¨äēē。

ここがナイトノベãƒĢ゚とは最も違うį‚šã€‚

 

もし時äģŖčƒŒæ™¯ãŽæ¯”é‡ã‚’æ¸›ã‚‰ã™ãĒらば、そぎ分゚トãƒŧãƒĒãƒŧãĢ厚ãŋがåŋ…čĻã€‚

゚トãƒŧãƒĒãƒŧã˛ã¨ã¤ã§čĒ­č€…ã‚’æŗŖかせ、įŦ‘わせるãĢは、į›¸åŊ“ãĒ力量がčĻæą‚されると思う。

ãƒŠã‚šãƒˆãŽč™šį„Ąæ„Ÿã€ã‚るいはč‡ŗįĻãŽæ„ŸčĻšã€‚

そぎį‚šã€ã“ぎ嚴ãĢãĒãŖãĻもぞãŖたくč‡ĒäŋĄãŒæŒãĻãĒいし、č‡ĒäŋĄãŒæŒãĻãĒいãƒŦベãƒĢだからこそåŖ˛ã‚ŒãĒいぎであるが(^_^;)。

 

æ­´å˛įš„čƒŒæ™¯ã¨ã¯ã€ãŠã‚“ãĒãĢあがいãĻもįĒį ´ã§ããĒい時äģŖぎæĩã‚Œã§ã‚ãŖたり、あるいはそこをįĒãį ´ãŖãŸč™šį„Ąįš„ãĒįŦ‘いであãŖたりīŊĨīŊĨīŊĨīŊĨīŊĨīŊĨ書き斚やįĩ„ãŋ合わせはč‡Ēį”ąãĢしãĻį„Ąé™ã ãŒã€åŋ˜ã‚ŒãĻはãĒらãĒいぎは、

「čĒ­č€…はįŽ‹ã§ã‚る」

ということ。

構æƒŗやら叙čŋ°ã‚„らはč‡Ēį”ąãĢしãĻį„Ąé™ã§ã‚ãŖãĻも、įŽ‹æ§˜ãŒéŖŊきãĻしぞãŖãĻã¯č¨€čĒžé“断。おんãĒãĢå„Ēれたį‰ŠčĒžã§ã‚ãŖたとしãĻも、į‰ŠčĒžã¯ããŽæ™‚į‚šã§įĩ‚わãŖãĻしぞう。

我らはįŽ‹ãŽåƒ•(īŊŧīž“īžīžž)ãĢすぎãĒいぎだから。

 

さãĻ、大į—…ã‚’äš—ã‚ŠčļŠãˆã‚‹ãžã§ãĢãĄã‚‡ã†ãŠīŧ•åš´ã€čĄ°ãˆãŸį­†åŠ›ãĢ鞭をåŊ“ãĻ、äģĨ前であればそこでã‚ĸãƒĢã‚ŗãƒŧãƒĢをå…ĨれãĻč„ŗ内ãĢåĻ„æƒŗというエネãƒĢã‚Žãƒŧをæŗ¨å…Ĩするぎであるが、äģŠã‚„それもできず。

 

čĄ°ãˆãŸã‚Šã¨ã„ãˆãŠã‚‚å†´ãˆãŸé ­ã§ã€č’å”į„Ąį¨ŊãĒ世į•Œã‚’į”ŸããĻゆくためぎ土台äŊœã‚Šã‚’重ねる。

世į•ŒãŒæ§‹į¯‰å‡ēæĨる前ãĢéŖ›ãŗčžŧんだりすると、そぎ世į•ŒãĢとãŖãĻはį•°čŗĒãĒ分子である我々は、手į—›ã„反撃を受けるか、場合ãĢよãŖãĻはæļˆæģ…させられる。

(åŖ˛ã‚ŒãŖ子がįˇ ã‚åˆ‡ã‚ŠãĢčŋŊわれãĻč‹Ļしむぎは、ぞさãĢそこである。世į•ŒãŒæ§‹į¯‰ã§ããŦぞぞ、čĻ‹åˆ‡ã‚Šį™ēčģŠã§æžļįŠēぎ世į•ŒãĢéŖ›ãŗčžŧぞãĒいと間ãĢ合わãĒいからという向こうãĢしãĻãŋればčēĢ勝手ãĒį†į”ąã§éŖ›ãŗčžŧんだりすれば、åŧžã‹ã‚ŒãĻもåŊ“į„ļだろう)

そしãĻ、それらがうぞくいãŖたと思いきや、įŽ‹æ§˜ãŒé€”中でæŦ äŧ¸ã§ã‚‚したら、そぎ時į‚šã§ã™ãšãĻぎåŠĒ力はæļˆã—éŖ›ãļ。

æŽ‹é…ˇãĒ世į•Œã ã€‚

ããŽæŽ‹é…ˇãĒ世į•Œã¸ãŽįŦŦ一歊が、ぞる一嚴かかãŖãĻようやく厌成ãĢこぎį€ã„た。