「銀åē§å°į´€čĄŒã€é€Ŗčŧ‰(^◇^;)中æ­ĸぎおįŸĨらせ。

ãĄã‚‡ã„ã¨äŊ“čĒŋ崊しãĻæ—Ĩč¨˜ã‚’æ›¸ã‘ãšãĢいたら、ãĒんだかæ€Ĩ速ãĢ銀åē§ãŽčŠąãŒã¤ãžã‚‰ãĒいもぎãĢ思えãĻæĨãĻ、ãĒんだかとãĻも書く気ãĢãĒらãĒã„ã€‚å¤ąã›ãŸã€‚

 

そぎ垌、銀åē§ã§ã¯æ˜”通り、įžŽäēēポテ゚ãĢは一äēēとしãĻäŧšãˆãĒかãŖたこと。

そぎäģŖわり、ナフãĒ洋服をį€ãŸč‹Ĩい子ぎ、æē帯å§ŋはよくį›Žæ’ƒã•ã‚Œã€ã“れでは六æœŦ木やčĩ¤å‚ぎキãƒŖバクナと変わらãĒいじゃãĒいかと銚いたこと。

 

大型バ゚ãĢ乗ãŖた中å›Ŋäēēぎ数ぎ多さãĢ圧倒され、ここは北äēŦぎįŽ‹åēœäē•ã‹? というぐらいぎįŠļ態ãĢãĒãŖãĻいたということ。しかも中å›Ŋäēēぎ中でもたãļã‚“ä¸ŠãŽä¸­é–“åą¤ã¨ã„ãŖた感じだãŖた。

č–Ŧぎįˆ†č˛ˇã„は下įĢとãĒãŖたが、こうしãĻ銀åē§ã‚’č¨ĒれãĻ洋服ãĒãŠã‚’č˛ˇãŖãĻいくčŊãĄį€ã„た、ごく晎通ぎæ—ĨæœŦぎ中æĩåŽļåē­ã¨å¤‰ã‚ã‚‰ãĒいようãĒé›°å›˛æ°—ã‚’æŒãŖたåŽļ族é€Ŗれやã‚ĢップãƒĢãŒãƒĄã‚¤ãƒŗãĢčĻ‹ãˆãŸã€‚

かつãĻæ—ĨæœŦがそうであãŖたようãĢ、ぞずはノãƒŧキョãƒŧがįšŽåˆ‡ã‚ŠãĢãĒãŖãĻæĩˇå¤–ãĢįĒãŖčžŧã‚“ã§čĄŒãã€ã•ã‚“ã–ã‚“č’ã‚‰ã—å›žãŖãĻįžåœ°ãŽäēē々ぎįœ‰ã‚’ã˛ãã‚ã•ã›ã‚‹ã‚ˆã†ãĢãĒãŖãĻから、ようやく厉全をįĸēかめたæ—ĨæœŦぎåŽļ族é€Ŗれがå‡ēかけãĻいãŖたぎと同じäē‹ã§ã¯ãĒいだろうか。

 

į‰šį­†ã™ãšãã¯ã€äēŒčģ’į›ŽãĢ言ãŖãŸé›‘åą…ãƒ“ãƒĢ5階ぎバãƒŧã§ã€å¤§č°ˇåš¸ä¸‰å…ˆį”Ÿã¨äŊ•ååš´ã‹ãļりãĢおäŧšã„できたこと。

ロマãƒŗã‚šã‚°ãƒŦãƒŧぎ、いかãĢもč‹ĨいåĨŗ性ãĢはãƒĸテãƒĸテãŖãĻæ„Ÿã˜ãŽå°čąĄã ãŖた。

先į”Ÿã€ãžãŸæŧĢį”ģぎ原äŊœã‚’始めたぎだが、これぞでぎäēēį”Ÿã§æœ€ã‚‚åŖ˛ã‚ŒãŸæœŦとãĒりつつあるらしい。

į™ēåŖ˛4æ—Ĩでåĸ—åˆˇãŒã‹ã‹ã‚‹ãĒんãĻ、とãĻã‚‚č€ƒãˆã‚‰ã‚ŒãĒかãŖたとおãŖしゃãŖãĻいた。

やãŖãąã‚ŠãĒんだかイãƒŗドぎ匂いがした^_^;。