■12/24(火) 断酒1148日目 虚弱体質……(´;ω;`)

■7時半起床。ただちに洗濯機をまわし、その間に朝食。

着替えをし、洗濯物を干し、年内最後の主治医のクリニックまで。

8割方復活した感じ。

疼痛の発作も先週火曜日にペインクリニックに行ってプラセンタを注射し、さらに金曜日も注射してもらってから、1度も出ていない。

 

野村先生のその話をすると、案の定、

「僕もずいぶん昔にやってたことがあるんだよ。全国でまあブームというか、新しい治療法ということで医者が注目してたんだ。

でもね、效かなかったからね。廃れちゃって、今は保険も利かないんじゃないかな」

との答えが返ってきた。

 

あるサイトによると、肝臓に効くには1年ぐらいかかるとか書いてあったけど、神経痛に関しては、人によって1回目の注射から効いたと感じる場合があるそうで、しかしそれを先生に言ったって仕方なかんべと黙っておく。

しかし自費診療だったら窓口でその分お金を払ったはずなのだが。

「ラエンネック」というクスリ、肝硬変などだったら保険が利くと、新しいサイトにはほとんど書いてあるんだけど……

 

3連休のあとの年末ともあって、すんごい混みよう。

10時に受付した僕が、診療開始時間に1時間遅れてしまったせいもあるが、それにしても3時間かかって、薬局でも30分かかって……

しかも28日分のクスリ、「アミノレバン」という粉末の栄養剤がものすごくかさばるので、なんとビニールの手提げ袋2つ、その他のクスリ1つ、自分のトートバッグを入れると計4つという大荷物。

しかも近くのセブンイレブンで昼食用の筑前煮のレトルトと、ツナ&卵のサラダに牛乳なんぞ買ったりして…… (-ω-;)

それをなんとか家まで自転車でふらふらと……どこかでコケたら、クスリが散乱して大変なことになってたに違いない。

 

家にかえってレトルトを温めながら、溜まってしまった食器を洗い、昼食。

しかしそれが終わったら、もうぐったり。

朝からたったのそれだけで起きられない。

短時間爆睡。

 

しかし、ふと思い出した。

これって、体力が衰えたというより(それもあるだろうけど)去年末から今年春ごろにかけて、カルニチンが不足して妙に疲れやすかった症状と似てないか???

その後カルニチンについていろいろ調べて勉強したところ、先生の処方する量が、ふつうの用量の最低値の2分の1しかないことが判明。

それでNOW社のカルニチンを購入したのだが、その後体力がめきめき戻ったのだった。

やっぱりこの異常な疲れ方、ミトコンドリアに脂肪を運ぶ役割をするカルニチンが足りなくなってるんじゃないだろうか……

 

そうなると、もうフリースだのヒートテックセーターだの言ってられない。

(フリースは、着る物がどんどんダメになって足りなくなっている現在、春のことも考えて購入しておきたいのだが、来年早々SALEがあったら買ってしまうかも……)

カルニチンを緊急でネット購入しなければ……もう年末だからギリギリかも。到着は来年になっちゃうかも知れない。なにしろアメリカから輸入するんだからして……時間にアバウトだろうし。

ふわ~、なんだか不意の出費が多すぎる。

 

■夕食後ずっとウトウト。

9時過ぎてようやくマトモに。

こりゃダメだ。使い物にならないや……寝よう。