■12/9(月) 断酒1133日目 「絶食して検査」って体にすごく負担なんじゃ……

■起床後絶食。9時から主治医のところでエコー検査。

アルブミンの数値が低いのと、血糖値が今日の検査でやや下がった程度で要注意段階にあること以外は、すべて優等生の数字とのこと。

この調子で血糖値を下げなければ。

 

診療所の体重計に乗ると、77.7㎏。

1カ月半前より5㎏も減っている。

もしや糖尿の合併症によって、筋肉のタンパク質が食われてる???

と危惧したが、先生はそんな段階ではないと。原因はアルブミンの低下に現れているように、きちんとタンパク質を摂っていないからだという。

そうならいいんだけど……

 

でも、発作が出ている時、料理なんてトンデモの状態だからなあ……

今日も聞こうと思っていたプロテインを買って飲むのはダメかという質問、するの忘れてしまった……。

ソイ(大豆)プロテイン、ホエイプロテインより値が張るけど、疼痛の発作時という緊急時の研ぎ、大豆のタンパク質を摂取するのはどうなんだろう。

品質の問題と、ミネラル・野菜繊維の問題を指摘されるだろうけれども。

 

■いった自転車で大荷物のクスリを持って帰り、1時間ほど仮眠して、テラスモールまで。

今日は絶食のせいか力がでないので、往復バス。

ひさしぶりに合う友人と、これまたひさしぶりのランチに店を変えてコーヒーと焼きたてのアップルパイ(こら!血糖値!)。

楽しくて、数時間があっという間に過ぎる。

 

帰宅後、軽く夕食をとってから横になっていると、出ました疼痛の発作。

まるで出ない日はないみたいだ……

クスリも利かなくなっているのか……。

主治医がだいじょうぶだと言ってくれた、新しい疼痛緩和薬「トラムセット配合錠」を服用(リハビリ内科&整形外科で出されたもの)。

少しラクになってこれを書いている。

このクスリ、消化性潰瘍の患者は決して飲んではならないのだが、主治医が言うには

「ランブラゾール」という、潰瘍の再発を予防するクスリを飲んでいるからだいじょうぶとのことだったので安心して。

 

その他書きたいこともあるのだが、もう今日は限界。

いまだに痛くて、膝も太腿もくるぶしも、湿布だらけ。

 

明日は雨。荒天だという。

それなのに横浜の整体院。

死ぬ……