■9/19(木) 断酒1052日目 ★歯医者に始まり、ごみ捨てに終わるも、足の痛みは昨日ほどじゃないヽ(^。^)丿

■7時半頃目が覚める。

アラームをセットしていたのは10時だったのに、睡眠時間4時間で目が覚めてしまう。

なんだか中途半端だけど、漢方薬を飲み、先に「リリカ」を飲んでしまい、バナナ1本、ゆで卵1個とアミノレバンの朝食。

ふたたび布団で横になっていると、2度ほど落ちるようにしてうたた寝。

10時にアラームが鳴り、着替えてから外出。

今日は昨日の昼間よりは膝が痛いが、まだ起きて体に血がめぐっていないからだろう。

ちょっと苦労して自転車をこぎ、歯医者さんへ。

なんと2カ月ぶり。

名医だからして、どんどん客が増えて、ある程度緊急性がなくなった患者は、予約と予約の間が平気で1カ月空くようになってしまう。

でも、いちど行けば、虫歯の2本ぐらいはその日のうちに処置してくれて、しかもその後快調と来ているのだから、腕が違うんだろう。

さすがは去年chigasakiの歯科医師会の理事長をやっただけある。若い先生なのに。

 

右上の犬歯がバキバキと3回に分けて折れてしまい、

(歯も骨粗鬆症になるのか?)

などと訳のわからないことを考えながら今日という日を待っていたのだが、その犬歯の左右も虫歯となっているのがわかり、犬歯については麻酔を打って今日で処置が終わり。

両隣はもう神経がないので、そのまま削って仮の処置を。たぶん来月でこれも終わったしまうだろう。

その後部分入れ歯の調整をしてもらって、終わったのが12時半。

 

迷いに迷ったのだが、今日19日は109シネマズの会員優待の日で、月に1回1000円で観ることができるのだ。

でも、悲しい哉、『ローン・レンジャー』より後に始まった『ワールドウォーZ』が先に終わっていて、強烈なブラピファンとしては三日三晩泣き濡れて過ごしたのだが(ウソこけ)、その他にこれといって映画館で観たいものがなく、来月までお金をとっておくかと迷っていた。

 

ところがやはり、何ヶ月も続く神経痛で鬱積していたものを吐き出したかったらしく(だから秋の散歩だとかしつこく書いているのだ)、なにか観たいという欲求抑えがたくなって、自転車のハンドルは自宅のある右方向ではなく左方向に勝手に向いている始末。

『凶悪』は観てみたいが、21日からのロードショーだし、『そして父になる』は28日スタートだし、しかも大画面で観るべきかどうか冷静に考えてみると、『大統領の料理人』はDVDで十分そうだし、『そして父になる』は福山を大アップで見る必要があるかどうかこれも疑問だし、なんだか『凶悪』の方が大画面に合ってるような気がしないでもない。

(しかし、リリー・フランキー、最近どこにでも出てくるような気がする。なーんか予想もしてなかったのに、「いる」みたいな感じで、不気味。なんかコワイぞリリー・フランキー(^◇^;)。

f:id:blueseashell:20130919225649j:plain

 

で、なんでこんなに混んでるんだバカヤローの駐輪場でうろうろすること10分でようやくテラスモールに入り、エスカレーターで109シネマズの前まで行ってみると……

空いてる。

『大統領の料理人』、席いっぱい空いてる……。

f:id:blueseashell:20130919225441j:plain

 

すでに自転車こぎで理性をどこかに置き忘れていた我が輩、何の考えもなく(ホントになんにも考えずに)ふらふらと列にならび、1000円だけ入っているポイントカード(エディカード)を券売機にかざしてみると――

おお……買えたぞ。初めてポイントカードで機械相手にチケットが買えた!(生まれて初めてスイカを使って感動しているジイサンか……)

 

開演は2時40分。現在12時37分。時間空きすぎだし、クスリは用意してないし、アミノレバンだって水筒に溶いて持って来なかったし、文庫本だってないし……

そこで45分のバスに乗って、いったん自宅へ帰って、クスリとアミノレバンのみの昼食をとることに。

発車30秒前にバスに滑り込む。

こりゃ今日の夜中は足が痛くてのたうち回るかも…… (-ω-;)

 

■■帰宅後、昨日焼いておいたカジキマグロの西京漬けと、またもやアミノレバンだけで昼食。すべてのクスリを飲み終える。

今度から、すべてのクスリの1回分をビニールの小袋に入れて、それを2袋ぐらい持ち歩かなきゃダメだな。

アミノレバンはシェーカーと100㏄以上の水がないと溶かせないからムリだけど。

 

トイレに入ったついでにトイレ掃除。畳にざっと掃除をかけ、横になって休憩。

あっという間に1時50分。

ふたたび階段を下るが、やはり下りだと膝がツライ。

それでもなんだか調子がいいな。

 

■■■最初は空いていると思った場内。ふと気がつくと、ほぼ満席。

しかもその大半が中高年の女性。30代の女性はちらほらという感じ。

(しかし不思議なことに、中高年女性はほとんどが二人連れ、三人連れなどグループで来ているのに、30代の比較的若い女性は単独が多い。これも晩婚化の影響なのかなあ???)

結局映画は、「まあ、うん、面白かったよ」という感想。

それも1000円だからであって、正規の1800円だったら、土俵に座布団を投げ込もうかどうか迷うぎりぎりのレベルという感じ。

やはり、完全な創作ではなく、登場人物のすべてが実在の人物であるから(もしくは実在の人物を切り貼りして作り上げたキャラクター)、脚本で遊ぶのに限界があって、どうにも枠にはめられているなという印象。

純粋に料理映画だったら、他に面白いものがたくさんあると思う。

 

それはさておき、あんまり足の調子がいいので、有隣堂で立ち読みをして、膝の痛みをとる運動とかを立ち読みで習得する(^◇^;)。

なかでも面白そうだったのは、マッケンジー法の、医学的常識とはまったく逆の「背中を反らす運動」を、ダチョウ倶楽部の肥後氏が、長年苦しめられてきた腰痛を治すために、みずから実践してみたことをまとめた本。

これはしかし、腰痛持ちの人しか買わないだろうなあ……。

 

■■■■隣りの雑居ビルLuzにて、旧作DVDを6本借り(6本だと今月いっぱい郵便返却が無料なので)、またテラスモールに戻って、駐輪代100円を精算して、自転車にて帰宅。

いつものOKストアで、ごみ袋の特大と、ミックスチーズ、牛乳を買って帰宅。

いやあ、これは相当な運動量だったぞ……

万歩計を忘れたのが痛かったけど、10時30分ごろ歯医者に行って、テラスモールへ行ってチケットを買って、バスで家まで往復して、映画を観て、買い物して帰ってきたのがもう夕方の6時半だったから……

 

いつものように夕食後に両足を心臓より高くして休んでいると、だんだんと痛みが……たぶん9時ごろから痛みを意識し始めて、10時半にはちょっとうめき始めるぐらいになるも、昨日の夜ほどじゃあない。

その証拠に、10時半にはまた生ゴミをまとめて1階に下りて、また最上階まで上って来られたのだから……

この調子で少しずつ良くなってくれればいいのだが。

 

明日はひさしぶりに30度を超える真夏日となりそうだし、場合によっては散策に出るかと思っていたけれども、今日のハードワークもあったことだし、自粛しておこう。

夕方少し涼しくなったら、目の前の公園まで出かけて、ベンチでぼうっとするぐらいでいいや。

ああ、充実した一日だった!

(で、仕事は?)