■8/15(木) ③原因がわからないのは、医者も同じ???…

■しっかし、診療所に行って、帰りに向かいのドラッグストアでトイレの掃除用のアルコールティッシュと、リセッシュの詰め替え袋の期間限定割引品と、年齢から来る目の疲れにもと書いてあるちょっとお高い目薬と(これ買っちゃったので、鎮痛消炎剤は買わなかった。まあ塗っても効かないからオマジナイなんだけど、それでも膝や足のくるぶし周辺に塗りたくなるぐらい痛くなるのだ)、除菌ハンドソープの詰め替えの98円の格安のを2袋買って帰宅しただけで、どうしてこんなに疲れるんだ?

やっぱりカルニチン不足なのかなあ……(^_^;)

 

昨日、「ローン・レンジャー」を観られなかった腹いせに、ツタヤで「ダイハード ラストデイ」を借りて観てたんだけど、年をとってもブルース・ウィリスのように元気な年寄でいたいものだったし、途中までは行けていたのだ。

(そう言えば彼は僕の2歳上なんだな)

年を取りながらもマシンガンぶっ放してなんてカッコイイじゃないか。

って、それじゃほんとに危ないヤクザか (-ω-;)。

 

■夜になったらやってきました膝痛。

いったん座ったり寝たりしちゃうと、起き上がるのも大変。

うおおぉっと雄叫びを上げたり、ううう……と弱気なうめき声を上げたり。

だからお風呂も座らずに、すべて立ちながら全身を洗った。

やっぱり膝も腫れてるし、主治医の先生がいくら否定しても、浮腫のあるところが痛くなるんだよなあ。

腫れが引いてきて、足の甲はほぼ元通りになったんだけど、そうするとこれまで痛がゆかった足の甲は、まったく正常になっちゃったし。

どうもここら辺って、つまるところ、医学的には因果関係がよく解明されてないんじゃないかなあ。

だから痛み止めを飲んだり、人によっては関節に注射をしたり、理学療法士に丸投げしちゃったりしてるんじゃないのかという。

明日はまた別の、初めての病院に行くので、よく聞いてみよう。

 

■『96時間 リベンジ』を見終わる頃、ふと気がついたのが、足、とりわけ膝の痛みが激減していること。

映画が始まる前に「オルニチン」を飲んだからかも知れない?

だとしたらこの腫れと痛み、やはりアンモニアに関係すると思うんだけどなあ。

アルブミンが低下しているだけの問題かなあという疑問。

 

さてそろそろ。