■8/8(木) 断酒1011日目 ①病気の療養は今日まで。なんと4カ月もかかった。

■10時起床。大爆睡。

いまシャワーを浴びて髪を洗いヒゲを剃り、髪をざっと乾かしてから机の前にすわったところ。

うーん。

ペットボトルも出せなかったし、洗濯もできなかったし(夕方にわか雨の可能性があるので、干しっぱなしはなんとかって予報では言っていたが)、やはり主治医のところに行くとしようか。

どうせしばらく目が覚めないだろうから、待合室で2時間ぐらいうとうとしよう。文庫本も持って。

 

■それにしてもなんだか涼しい。

昨日より涼しく感じるぞ?

やはりこの部屋の中が涼しいのかも知れない。

昨日はすでに自転車でえっちら出かけて,大汗掻きながらデニーズの門をくぐっていたから、その違いかも。

あ、いやでも、ネットのスポット天気予報。

昨日見た時より気温が下がってるぞ?? しかも曇りマークの時間帯が増えている。

やはりテレビのデータ受信でchigasakiの天気予報を見るのがいちばん正確かも。

全国ネットのテレビじゃ、どうしても東京や横浜が中心となってしまい、こうした海沿いの町の天気予報としては参考にならないんじゃないのか。

 

■それはそうとして、今年4匹目になるゴキブリ。

夜中起きた時にサササッと隠れたのを、裸眼にしてはめずらしく目撃して、まずは手近のダニスプレーを。

続いてアリスプレーを食器棚の下へ噴霧。

このアリスプレー、前回もそうだったけど、神経毒のような成分なんじゃなかろうか。ぶるぶると体を震わせている音が聞こえる。

ガサガサガサという音が長く続いて、その間にトイレに行って帰って来ると、たぶん必死で移動したのだろう。食器戸棚とは反対側の冷藏庫とその横に置いてある野菜ストッカーの棚だの米びつだのの容器の後ろでガサガサの音が継続。

這い出して布団の方に来たらイヤだなあと思いながら(娘が来ている間、書斎に布団を敷いて寝ていたのだが、これが意外と便利なので、いついてしまっている……死んだ父もそうだったが、年を取ると、動線をなるべく短くしたくなるのがよくわかる。寝言台所や冷蔵庫がすぐそばにあるというのはまことにラクだし、いずれ僕も父を真似て、居間にベッドを置くようになるんだろう)、じっと耳を澄ましているうちに無音となった。

 

それで先ほどのシャワーの前に野菜ストッカーなどを動かしてみたのだが、死体は発見できず。たぶん冷蔵庫の下に潜って死んだものと推定され……

イヤだなあ。

 

さて、午前中に診療してもらうためには、そろそろ家を出なければ。

 

■やっぱりなあ。おそれていたように、先生がテレビに出演した影響がかなり大きいんだろう。なんと3時間待ち。

しかも3分診療(-◇ー;)。

これまでは2時間待ち5分診療だったのに(-◇ー;)(-◇ー;)。

(あんまし変わんないか)

 

11時に受付をして診療を終えたのが2時ちょっと。

いやあでも、おかげでウトウトできて、疲れが完全に抜けたという感じ。

生検に出したポリープも、すべてガンがなかったことが正式に判明し、先生が

「おめでとう」

と検査報告書に書いてくれた。

診療所が来週から2週間の夏休みなので、また来週クスリだけ取りに来なさいと言われて帰宅。

1カ月分くれればいいのに、というわけにいかないのが、糖尿病の新薬である「テネリア錠」が-8月31日までは2週間分までしか出せないことになっているから。

 

ともかく自転車に乗って帰宅。

もうどこでお買い物したんですかというぐらい、クスリの山。BCAAの栄養剤「アミノレバン」、たったの2週間分だというのにこれが異常なほどかさばるし、アンモニアを下げる「ラクツロース」というシロップが持ち歩きには適しないので代わりにもらった「カロリールゼリー40」というゼリーも、携帯性はあるけれども、2週間分まとまるとかなりかさばる。

これらを1カ月分処方されたら、マジで小型リュックを背負って行かないと、自転車じゃ運びきれないだろう。

 

帰宅後、昨日の茄子の焼き浸しとインゲン炒めを食べて、アミノレバンにゼリーに各種クスリに、カスピ海ヨーグルトで〆たら、もう3時……

くわあ。

今日も夏休み同然になっちゃったい。

 

本格的な仕事復帰は、明日の9日から。

4月頭にぶったおれて昏睡状態となってから、ちょうど4カ月……

長かったな。

 

今日は暑いけれど適度な海風が吹いていて、なんだか昨日とは雲泥の差で気持ちいい日だった。