■7/9(火) 断酒982日目 今日は脳が不調。昨日はあんなにクリアだったのに。

■昨日外出したせいか、今日はやや不調。

お通じもあったにはあったが、下剤を2種類飲んでいる割には少ない。もっと下痢状になってもおかしくないのだが……と思っていたら、やはり足が心なしか腫れ初めている。

不調は、疲れとアンモニアのせいとしか考えられないが、もうなんだか自己診断がつかない。

この下剤については、朝晩1錠ずつ飲む深夜の方は別として、就寝前に飲むやつを、旧来型のもっと強力なもの(お腹がきゅるきゅる鳴って、腹痛を感じることすらあるもの)に変えられないのか、今週金曜日に診療に行った日に聞いてみなくては。

なにしろ今は、アンモニアの数値を下げることが、糖尿病は別として、喫緊の課題だと思うから。

これが落ち着いてこないと、仕事が前に進まなくて本当に困る。

 

■その後2時半ごろもう一度トイレに行けたけれども、足の腫れ引かず。

なんとなくだるくて、こりゃあ疲れよりアンモニアのせいだな。

まったくもう、次から次へと……

 

■結局日中は小さな事務仕事を少しこなしただけ。

戸籍の取り寄せをしようかと思って申請書をプリントアウトしようとしたら、インクが無いと。

モノクロ印刷しかしないのに、他のインクまできちんと減って、買わないと印刷ができないという、以前から言われているエプソンやキャノンなどのメーカーの強欲さ。

仕方なくインクを頼むが、サードパーティであるサプライズインクのものを頼んだ。これなら1色420円で送料込みという破格の値段で買える。

もちろんリスクもあるようで、うまく印刷できなかったりするらしいのだが、そうしたレビューの大半は、実はエプソンやキャノンの関係者だったりするのでは……とひそかに疑っている。

プリンターを安く売って、インク代で儲けを回収しようとしているのに、サプライズインクのようなところで激安インクなど売られたらたまったものではないというわけだ。

 

でもたとえ不都合があろうとも、420円で送料込みなのだから、文句は言えないと思う。

しかしほとんどモノクロ印刷しかしないのだから、ブラザーのモノクロレーザープリンターでも買いたいなと思っている。

およそ8000円でもちろん送料込み。

ストレスなく印刷できるんだから、カラージェットプリンターよりもいいかも知れない。

 

それにしても、まったく仕事が進まない。

今日は軽く脳細胞が膜で包まれている感じ。

頑張ろうと思えば書けるのだけれど、すっきりした頭で読み返してみると、表現からなにからいちいち気に入らない。しかしその時は書けたと思っているのだから、脳症という合併症がいかに怖いか。

今日はもうジタバタしないで横になっていよう。

残された貴重な人生の時間が……