□ 10/7(日)の日記。

断酒672日目。

5時半に起きていつもの膝と股関節だけやってテレビ体操。

終わったらすぐに、スコーンを焼いてみる。

布団で膝関節と股関節の大半にリンパマッサージ。

6時25分 テレビ体操。

雑用多く、ヨガ中止。机周辺の片づけを勧めるも、遅々として進まず。

仕事も足がふらつくほどの寝不足で進まず。執筆に最悪のコンディション。

不調が治ったと思ったら睡眠障害(早期覚醒)が戻ってきてしまったようだ。

 

チーズスコーンを焼いて、サラダ,、紅茶とともに朝食。

遅れを取り戻そうと昼寝をしなかったせいだろう。机に向かってもまるではかどらず。

 

洗い物。

雑巾のみ選択。

ふくらはぎのマッサージと膝、むこうずね、指をセサミオイルでマッサージ。

雑巾を干し、はとむぎ茶を煎じながら、オーブントースターを水拭きし、ミキサーとフードプロセッサーを配置換え。

フェピアン・レザ・パネの「ピアノでボッサ」をエンドレス。

冷蔵庫の上にたまった埃を拭き、トイレ掃除。

 

昼食は4枚250円と安売りしていたイカの一夜干し2枚に、大判の冷や奴1丁にたっぷりのネギとオカカと山形産の「醤油と麹のもろみ漬け」(?)とかなんとかいうものをかけて。味噌汁はちょっぴり高めのインスタント豚汁……。

はっきり言って失敗。みんなしょっぱい。もともとしょっぱいもののオンパレードだったが、それ以上にここまで舌が薄味になっているとは思わなかった。

昼食後、英語のシャドウイング。

漢詩1編をリピートでなんども流してから音読。中国語の発音のテキストがないので、さすがに読めない。とりわけ「詩経」クラスともなるとお手上げ。

 

机でねばるもやはりほとんど進まず。

夜飯はスコーンのあまり2個。朝の残りのオレンジ半分にリンゴ半分。こだまトマト丸かじり。のみ。

机に向かうも進捗なし。

あきらめて風呂。

出てから楽しみにしている「笑点」の大切りを見る。この「笑点」と「綾小路きみまろ」が面白いと思い始めた時点で中高年が始まりらしい。人づてに聞いた。

我が輩は中学校のころから楽しかったが、中学生のころからすでに中高年だったということか。

それにしても「笑点」、今年で50年だそうである。なんとも……ムダに生きた。

 

夜は江戸川柳について読書。続いてパン作りに関する料理本を見てメモをとる。

寝る前にごみ出しに。明日は燃えないゴミ。

ふと見ると、出したばかりの綺麗にしばった古本の一番上に、大好きな有元葉子さんの「イースト発酵なしのお手軽パン」という本を発見。絶版となってしまったようで、中古で買おうかどうか迷っていたもの。

美本なのでありがたくいただく。

部屋でめくってみたら正解。スコーン、マフィン、ブレッドタイプの3種類をメインにわかりやすく書いてある。これで一気にレパートリーが広がりそう。

たまにはいいけど、寝かせたり発酵させたり、二次発酵まであるのを見ると、とてもこの生活じゃムリだから困っていた。

スコーンをパン変わりにすれば、生活費の足しにもなるし、第一焼きたては美味しい。

なかにはベーキングパウダーがキライで、イーストを使う人たちもいるようだが、僕は特段ベーキング・パウダーでもエグみとか苦みを感じないので助かった。

 

この日はあきらめて10時過ぎに布団にもぐる。

ジンクス通りというか、予想外というか、なんと11時半にパッチリと目が覚めて眠れなくなる。

なんとか睡眠障害を解消したくて、迷いに迷った末、マイスリーを一錠飲む。

これが大変なことに……

 

 

 

広告を非表示にする