断想

■12/7(土) 断酒1131日目 表面上は取り立てて書くこともなく…… (-ω-;)

■7時半に起きてから、今日は調子いいぞ!という状態が11時半まで続く。 腰も痛くないし、膝も軽いし。 しかしお昼ご飯を食べたあたりから、微妙に発作。 少し机に向かいすぎたのか、それまで絶好調だったから、少し執筆を進めようかと思うぐらいだったのに、…

■8/18(日) 断酒1020日目 ①寝たり起きたり仕事したり。

■昨日の足の腫れと痛みはまいった。 4時間空けてイヴの類似薬を2回飲んでようやく人心地ついたが、今朝痛みがすっかりなくなっても(起きてしばらくは常にそう)、腫れ、特に左足の甲の腫れは引かず、象の足まであと一、二歩という感じ。 やはり漢方の「茵蔯…

■8/15(木) ③原因がわからないのは、医者も同じ???…

■しっかし、診療所に行って、帰りに向かいのドラッグストアでトイレの掃除用のアルコールティッシュと、リセッシュの詰め替え袋の期間限定割引品と、年齢から来る目の疲れにもと書いてあるちょっとお高い目薬と(これ買っちゃったので、鎮痛消炎剤は買わなか…

■6/5(水) 断酒945日目(130605)

■7時、8時と目が覚め、四つん這いになって起き上がろうとするが、こりゃダメだとまた突っ伏して寝る。 結局起床9時半。 ストレスというのは、どうやら脳のエネルギーをかなり消費するものらしい。まあよく考えてみれば、いろいろ悩むということは脳細胞を働…

■5/31(金) ③

■食事を終え、さらにぐだぐだして3時間。ビデオを見ながらずっと横になっていたら、ようやくエネルギーが全身に均等に回り始めたみたいで、やはり肝機能が食事から栄養を吸収するのが遅いように思われる。 娘からの電話を待って、寝たら、もう明日から6月。 …

■5/31(金) ②直情径行は他人に迷惑。

■娘がひとりで浪人を決め、それじゃかわいそうだからと、お父さんがなんとかお金を出すよと、夏期講習の英語と、大手ゼミの前期分、交通費、ちょっとしたおやつ代で25万円ばかり振り込んだのだけれども、結局はシリーズが打ち切りとなり、しばらく収入の当て…

■4/3(水) 這うようにして起きて机に向かい、休憩していつの間にか眠ることの繰り返し。

上の息子からは、入社したとの連絡がついになかった。 ひとりで社会に旅立っていった。 娘は強風のため、春期講座の最後の日だというのに駅まで出るのも辛いぐらいひどかったらしく、やむを得ず断念したとの報告があった。 今までまたうとうとしてしまって、…

■3/21(木) 自分のリズム。それぞれが目指すところ。

実質7時前スタート、9時過ぎに筆をおいたが、ちょうどノルマ8ページの半分4ページまで進んだ。 いったいどうしちゃったんだ。死ぬのかオレは……いたちやごきぶりのなんとやらなのだろうか。 少し休憩でもすれば午前中にぎりぎりノルマは達成出来そうだったが…

断酒860日目(130310)

断酒860日目。 昨夜も結局2時近かったから、起床7時過ぎ。 布団の上に起き上がって座ったまま20分動けず。 各種運動も今のところとりあえず無し。 昨夜までの悲しみ寂しさはとりあえず置いといて、雑務をこなす。 朝食は、もはや糖尿病といってもいい数値に…

断酒856日目(130306)

断酒856日目。 ん? なんだか色の設定を自分でできるようになってる…… 昨夜01時就寝。疲れが出て来たため、早く寝ようと、21時半に歯磨きを始めたものの、 22時前になって娘からメール。 「今友達のうちで、10時にはつくんだけどもう寝てる?」 あのね、もっ…

■3/03(日) 祖父の命日にあたって。

今日は僕の母方の祖父であり、実質上父親であった「お爺ちゃん」の命日。 なにもしてあげられない。 料理につかうから買ってある宝酒造の「呑」と、水を替えるのと、オレンジを供えて、手を合わせるのみ。 一段落したら、必ず多磨霊園までお墓参りに行きます…

■2/25(月) 「レ・ミゼラブル」はアジア受けの映画だった?

にあることは間違いないような気がして、観衆をいかに考えさせるかにあるんじゃないかなと。 お隣韓国は今回得にそうだったけれど、アジア人にはとてもマネの出来ないルックスであり輝ける西洋文明に瞳がきらきらみたいなことだったんじゃないか。 自分の母…

■2/21(木) いちばんキツイのが新聞。

新聞はキツイ。 購読者数が毎年どんどん減ってゆくのを止められないのだから。 しかも今回の原発事件で、当初東電や御用学者の側に立ち、 「レントゲンをとるのと同じレベルの放射能ですから、心配しなくていいです」 みたいな記事を垂れ流していたことから…

■2/19(火) なにを書いているんだかわからなくなるのも職業柄。

本業が書く仕事にあるから、ブログで気の利いたことはなかなかかけない。 というより、本業で力尽きてしまって、書きたいと思うことはあるのだが、つい億劫となってしまう。 別の仕事であれば、もっといろいろアイデアはあるんだけど。 まあ、職業病。 ■職業…

■2/19(火) 失いつつあるもの。

あと10日で2月も終わり。 不思議だな。毎年1月が終わると加速度的に時間のたつのが早く感じられる。 閏月で3日少ないとか、そんな単純な比じゃないような気がする。 しかしその時間の波に押し流されてしまうと、自分というものを見失ってしまう。 そして霜月…

断酒841日目(130219)

断酒841日目。 6時覚醒。布団で膝関節の運動をやり始めるも、いつのまにやらうとうと。 7時起床。 けっこうな雨。 晩秋、水に浸けた三つ葉の根っこは解けてしまったが、1月に入ってからもういちどやってみたら、すぐさま葉が出て来て、すくすく育ちつつある…

■2/15日(金) 明日があるさ。

どうも連絡が遅いと思ったら、疲れとショックで帰宅直後に寝てしまったらしい。 我が輩もつられて12時ぎりぎりまで起きててしまった。 最初の発表、娘からダメだったとの報告がようやく来た。 ああ……たぶん見直しもきちんとやってないから、ダメだろうなと思…

■2/15日(金) またもや限界に達して筆を擱く。

本日の工事終了。 時を同じくして本日9ページ書き進んだ。 午前中に6ページ突破したから、午後は3ページということ。さほど時間に差はないから、午後はガクンとペースが落ちたことになる。 あと1ページで最低ノルマだったのだが、この最低ノルマの設定である…

■2/10(日)  頭のなかだけでは理解しきれない孤独。

孤独にはとっくに慣れているし、今ではそれを味方につけてさえいるのに、昨日のあの感覚はなんだろう。おかしいなと思って、仕事の合間にひと分析。 (味方というのは、僕の場合、その孤独感や喪失感を登場人物に照射<中国の軍艦ぢゃないよ>してみるという行…

■2/10(日) 作家というハイリスク・ハイリターンの人生。

明け方さらに寝直し、結局昼の12時前に起床。 まるで編集者時代に戻ったようなめちゃくちゃな生活に戻りつつある。 いけないな。 この仕事が終わったら、積極的に花めぐりの散歩でもとりいれて、夜ふかししていられないようにするなど、もういちどリズムを整…

断酒832日目(130210)

断酒832日目。 深夜2時半。 ふと本業とは関係のない文章が浮かび、覚醒。起床。 パソコンを立ち上げ、「思いつき用」のフォルダを開く。 そういえば昔、カード型データベースというのを使っていたが、あれは存外と便利だったなとふと思い出す。 本業は半分収…

■2/9(土) 静かな部屋に、訪れるもの。

最近ではずいぶんとサイクルが長くなってきたけれども、それでも無性に、 「寂しいなぁ」 と感じることがある。 実はおとといあたり、真っ昼間からなにか胸騒ぎのようなものが、ほんの一瞬だけれども、したような気がしていた。 (ん?) と思ったとたん、それ…

■2/9(土) 金は出て行くどこまでも。

この3カ月迷っていた。 美容室、行きたいな。行こうかな。去年も1回しか行けなかったしな。 だいたい美容院なんて恥ずかしくて行けなかったのだが、chigasakiのI女子に教えてもらったところに紹介で行ってみたら、うわ、うまい。 その瞬間もうまいな、と思う…

断酒830日目(130208)

断酒830日目。 いろいろと考えることあって、深夜2時就寝。5時半覚醒。 二度寝して11時過ぎ再覚醒。まったくが覚めず、布団でごそごそ膝関節運動にリンパマッサージ。 11時40分ごろ起床。 曇り。薄日。昨日とは打って変わって、風がおとなしい。 中国に深入…

■2/7(木) またひとり……

嗚呼。またガンのニュースが入ってきた。 今年に入ってふたりめ。 いまや3人に2人がガンにかかる時代なんだから、珍しいことではないと思うようにはしていても、やはりショックであることは否めない。 なんだか、自分と他人とを同時に慰める空しい言葉に過ぎ…

■2/7(木) 「円安大不況」が日本を襲う――最後に。

僕はエコノミストでもなんでもなく、ただの雑文家であるから、ではどうしたらいいのかの処方など示すことはできない。 だからして、こうしたことをブログに書くことによって、賛同を得たいなんてよこしまなもくろみを持っているわけじゃない。 ただ、自分よ…

■2/7(木) 「円安大不況」が日本を襲うって本当か!?(5)

ドルが強くなれば、おのずと円は弱くなる。 これが為替相場の当然の帰結であるが、今回は様相が違う。 安部ノミクスによって、日本は円安誘導をしているのだ。つまり、 「自分の方から円を弱くしようとしている」 のである。 ということは、アメリカが金融引…

■2/7(木) 「円安大不況」が日本を襲うって本当か!?(4)

平和ニッポンのいいところでもあり、悪いところでもあるのだが(だんだん人が良すぎる間抜けに見えて来たけど)、円安基調になって株高となっている現状を手放しで喜んでいる人間が多いように見受けられる。 その上、アメリカやヨーロッパ各国が回復基調にある…

■2/7(木) 「円安大不況」が日本を襲うって本当か!?(3)

奇しくも昨夜11時ごろのニュースで、すでに原油高にともなう重油高が始まり、トマトのハウス栽培農家が次第に苦しくなっているとか。 また、朝日ドットコムによれば、斗缶(1.8リットル)の灯油の価格が、4年3カ月ぶりに1800円を突破、1803円となったと報じた(…

■2/6(水) 「円安大不況」が日本を襲うって本当か!?(2)

これは順を追って考えてみれば簡単なことであって、我が輩にでもよくわかる。 まず「円安」になった場合、国内の物価は確実に上がる。 直接輸入する製品、たとえば外車とかブランド物、牛肉などはもちろんのこと、小麦粉のように、今や日本の食文化になくて…